うちのねこ


by asa_39

雛菊の皮下輸液その後

c0015367_10464013.jpg

三度目にして、ようやくコツを掴んできました。
(その倍針を無駄にしてるけど…。)

皮を引っ張って三角形の底辺あたりを…とか
言葉で説明され、ブツブツつぶやいてやっていたけど
それより、己の野生の勘を頼りに射つべし!
そう、結論づけました。
習うより慣れろです。

私がもっと慣れてもっと上手くなれば
雛菊だって楽になるはずです。

正直、自分の飼い猫に針は刺したくないけど
それも雛菊のため、とがんばっています。

なんと言っても雛菊には
出来るだけ良い状態で2010年の年末を迎えて貰わないといけない。

2010年と言うのは、腎不全の治療の記事を見つけたからなのですが。
これと、これ

実用化が実現すれば、もしかしたら、雛菊は健康になれるかもしれない。
だから、2010年までは、なんとしても生きて、元気でいてもらわないと
飼い主困っちゃうのです。

医学の進歩はすごいですね。
予防できないと言われていた猫エイズのワクチンが実用化され
もしかしたら、腎不全も治すことができるようになるとは。

最低でも、雛菊が10歳になるまでは、一緒にいたいのです。
治療はいやだろうけど、雛菊、一緒にがんばろー。


画像は、皮下輸液直後の昨日の雛菊。
背中の所が、ぼさぼさ。
[PR]
Commented by F at 2008-12-03 12:38 x
いやぁ、よかったですー。(いろいろ)
昨日はなんとコメントしてよいか、わからず・・・
asaさん、強いゾ!!エライゾ!!
本当に医学の進歩はすごいですね。
FIPのお薬もできるといいな。
ひなたんの眼、かわいい~。ガンバレ!!
Commented by あれい at 2008-12-04 05:30 x
うちは..間に合わない感じですね~~~
でも、何とかなると嬉しいかな。

ひなたん...自宅で補液ですか?
良いですね~~~
うちの獣医は、「自宅で」を許可してくれないので...通院です。
うちで出来たらなぁ~~~
Commented by asa_39 at 2008-12-04 10:27 x
>Fさん
あ、すみません、ご心配おかけしてしまいましたねーーー。
昨日も試みましたが、昨日は相当暴れたので、
取り急ぎ針を2本駄目にして、諦めました。
徐々にやっていくしか無いよなーと思っています。
色々なお薬が出て、治らない病気も治るようになれば良いですよね。
雛菊にも、それまでがんばってほしいです。
Commented by asa_39 at 2008-12-04 10:41 x
>あれいさん
何とかなると良いですね、本当にそう思います。
雛菊も、どんどん痩せて、ますますがりがりなのですが、
何とか間に合ってくれますようにと思っています。
自宅で輸液、、慣れれば相当良いはずなんですけどねーーーー。
なかなかうまくはいきません。
by asa_39 | 2008-12-03 10:53 | 雛菊と腎臓 | Comments(4)