うちのねこ


by asa_39
カレンダー

禿げないのか、虎太郎

c0015367_1737858.jpg


最近うちの猫たちは、俗に言う換毛期に突入し、
我が家はちょっとした毛御殿状態。
売れるほど落ちてます。

特に短毛種にあるまじき毛量を誇る虎太郎さんは抜け毛が酷く
掃除機をかけても次の瞬間には毛が舞っている始末。

真冬ですら、ブラッシングしていると『まだまだ抜けるよ?!こたさん、平気?』
と、飼主をびびらせる虎太郎ですので、
今の時期はいかほどか、それはもう、恐ろしいことになっています。

いくらブラッシングをしても、尽きることのない、虎太郎の抜け毛。
これだけ抜けても、全く毛が薄くなっている気配を感じられないのも、
正直恐ろしいです。

そんな虎太郎は、自分の毛のことなど全く頓着せず
飼主が出社するときは、いつでも足にすがってくるので
飼主はこた毛を足元につけたまま出社することも珍しくはありません。

猫と一緒に暮らしていると、毛の問題がいろいろと鬱陶しいものですが
この柔らかい毛に癒されるのも、また事実。

愛しい猫たちの愛しい毛だと言い聞かせ、共存の道を模索します。

ちなみに、換毛期であっても、栗丸の毛はあまり抜けません。
ちょっと縮れが入っている雛菊の毛は、ほぼ生え変わり
ひなたんは一回り細くなりました。


画像は、毛がもさもさの虎太郎。
首輪が食い込んでいるように見えますが、
実際は指が2本以上余裕で入るぐらい隙間があります。
どれだけ毛が分厚いのか、虎太郎。
[PR]
by asa_39 | 2005-04-15 18:00 | 虎太郎 | Comments(0)