うちのねこ


by asa_39

雛菊について・4

c0015367_15552165.jpg


で、今現在の雛菊。

家にやってきて、1年とおよそ10ヶ月。

最初家に来た当時は、全く触れなかった雛菊が、
まずは頭を触らせてくれて、首を触らせてくれて、背中、腰、手、胸、ときて
つい最近では、ようやくお腹まで触れるようになった。

人間が動いても、驚かなくなったのは、いつぐらいからだろうか。
油断して、お腹を見せて寝るようになったのは、いつぐらいからだろうか。
そして、同じベッドで、私に身体をくっつけて眠るようになったのは、いつからだろうか。

未だに、抱っこをすると激しく嫌がるけれど、
きっと薄皮をはぐように慣れてきた雛菊だから、
いつかは抱っこをしてもいやがらなくなるのではないかと甘い期待をしている。

3匹の中で、一番人間の言っていることを理解している雛菊。

家族以外の知人友人からは、相変わらず
『顔が怖い』だとか、『あまりかわいくない』だとか、不名誉なことを言われつづけているが、
たまに、この猫は、世界で一番かわいい顔をしている猫なんじゃないかと思うことがある。

当然、飼い主の贔屓目もふんだんに含まれてはいるのだが、
余りのびびり具合からここまで慣れてくれたのだから、かわいく見えないはずはない。

この先、雛菊がいつか亡くなる時まで、もう2度と辛い思いはさせないように、
幸せに暮らしてほしいなあと願ってやまない。


ちなみに、雛菊さん、家に来たばかりの頃
【瞬膜が腫れて目が開かなくなり、めやに駄々漏れ】の病気にかかっていて、
再三獣医に通った挙句、最終的には両目に手術も施したわけなのですが、
こちらも虎太郎と同様に、お高い猫さんが1匹買えるぐらいの金額がかかっていますので
雛菊もお高い猫さんということになりますね。
でへへ。
[PR]
by asa_39 | 2004-12-27 16:33 | 次に -雛菊との出会い- | Comments(0)