うちのねこ


by asa_39

実は賢い虎太郎

c0015367_21252096.jpg


つい先日、
仙台から帰宅してみたらなぜかウォークインクローゼットが開いていた
と、書いたのを覚えておいででしょうか。

本日なぞが解けました。

事の発端は、換毛期に入ってから
あまりに抜け毛が酷い虎太郎雛菊(ついでに栗丸・別に抜け毛は無い)を
洗いましょうか、と言った所から始まりました。

家では猫を洗った後はいつでも、
お風呂場と脱衣所を開け放して『乾燥機』をかけているのです。

3匹まとめてドライヤーをかけるのは至難の技だし、
その上3匹がとても嫌がるので
洗面台の水を流していつでも飲めるようにセッティングした後
お風呂場の乾燥機をかけます。
このまま1~2時間程放置しておけば、
猫たちは半乾きの状態になり床もびしょびしょにならない為、
とてもナイス。と、実践していたのですが…。

猫たちがリビングにいないのを良いことに、
2人がかりでリビングの大掃除にいそしんでおりますと、
えらく近いところから、虎太郎が私を呼ぶ声が。
…。
……。
なぜに、リビングに、いるのだ。

気を取り直して、再度脱衣所に猫たちを格納。

再度、虎太郎の声。

…。
……。
虎太郎、扉を開けたな。

むむぅ。
どうやら虎太郎、飼い主たちが仙台里帰りを楽しんでいる間に
家中の扉を開ける術を身に付けた様子。

なんてこと!

虎太郎が扉を開けてくれるのを、期待に満ちた目で見守る
雛菊と栗丸。
さすがに雛菊と栗丸は、身長(?)が足りずに取っ手まで届かないようですが
身体の大きな虎太郎なら楽勝。

こたさんは、襖も開ける、そして新たに扉も開ける。
これで、我が家には
大切なものを、猫から隔離するスペースが実質なくなりました。
あわわ、どうしよう。


画像は扉の前でびしっと待機の虎太郎。
この頃はまだ開けられなかった…。
[PR]
by asa_39 | 2005-05-05 21:45 | 虎太郎 | Comments(0)