うちのねこ


by asa_39

虎太郎への、おめでとう手紙

c0015367_20253317.jpg


虎太郎へ


虎太郎。
うちで一番優しくて、私に一番甘えたがる猫さん。

そんな虎太郎も、6月6日をもって、3歳になりました。

虎太郎にはお話したことはなかったけれど、
虎太郎がうちに来たきっかけは、
実家で一緒に暮らしていた恭兵という猫が亡くなったことにあります。

恭兵が亡くなったとき、亡くなる事はわかっていたのだけど
辛くて辛くて、世の中にはどうしてこんなに辛いことがあるんだろう、と
目が腫れて、顔が浮腫んで、唇がかさかさになっても
尚、涙が出るぐらい悲しい思いをしていました。

最初は、恭兵に似ている猫とまた一緒に暮らしたい、と言う思いから
ネットの里親サイトをチェックし始めたのです。

周りの友達の中には、
『恭兵の代わりに迎えるなんて、死んだ恭兵も、新しく来る猫も可哀想だ』
と、反対する人もいました。
でも、私の頭の中には、また恭兵みたいな猫と暮らせる。
そういった感情しかなかったのです。

こたさんを初めて見つけたとき、
画像は小さくて不鮮明だったけれど、
『この子と一緒に暮らす!』と興奮したことを覚えています。
今考えてみれば、あのときの私は少しおかしかったかもしれません。

でも、こたさん。

私は、こたさんに出会って、
『猫って、こんなにも人間に対して愛情をくれる生き物なのか』
そう、日々驚いています。


うちに来てくれて、ありがとう。

ちょっとしたことにも、恭兵を思い出して
ばかみたいに泣いていた私の涙を止めてくれて、ありがとう。


今では恭兵を思って泣くこともあまり無くなったけど
代わりに、虎太郎からもらうたくさんの愛情が嬉しくて泣けることがあります。

これからも、
元気で、優しい、そんな虎太郎でいてください。

本当に、お誕生日おめでとう、こたさん。


飼い主より
[PR]
Commented by うみうし at 2005-06-07 02:22 x
こたさん。
Happy Birthday♪☆!!!
いつもいつも、笑いと幸せのおすそわけをありがとう、です。

こたさんを見ているだけで、気持ちがほわんと丸くなります。
そんなこたさんは最高の癒し猫さんでもあったのですね。
こたさんと住むようになった飼い主さんは、とてもとても幸せだと
思います。
これからも、おおきな体からいっぱいに溢れる愛情で、ひなたんを、
ぼっちゃんを、一緒に暮らすおふたりを、まぁるく包んであげてください。

お誕生日、おめでとう!!!
Commented by あれい at 2005-06-07 03:21 x
こたさん、誕生日おめでとう!!

そう、亡くした子と似た子を探したくなるのは、世の常です。
私もずっと探していたりします..まだ巡り合えてはいませんけど。
でも、こたさんは、こたさんの魅力で飼い主のハートを見事に射止めたのですから、これは凄い事です。
共に笑ったり泣いたりしながら?、これからも飼い主達やひなたん、ぼっちゃんとずっとずっと幸せにまったり暮らして下さいませ。
Commented by マーガレット at 2005-06-07 03:41 x
 涙をとめてくれた、こたさん。
この写真をみたら、そりゃ涙もとまりましょう・・・。

 私も、犬のペスが亡くなったとき、鼻の皮が剥けて、息をする度
鼻についた皮膚がカーテンみたいにへろへろ揺れてました。悲しくてずたずたになったけど、朱音たちにめぐり会えました。

 こたさん、三歳おめでとう。
ひなたん、ぼっちゃん、そして飼い主さんの母さん父さんと
これからも楽しく過ごそうね。
Commented by asa_39 at 2005-06-07 20:32
>うみうしさま
虎太郎を見て、笑いや幸せを感じていただけるのであれば
こちらこそお礼を言わなくてはいけません。ありがとうございます。
ひなたんとぼっちゃんを次々と増やすことができたのは、
やっぱり虎太郎の包容力のお陰だと思っていますし
私は本当に幸せなんだなあと思います。
お祝いのお言葉、ありがとうございました!

>あれいさま
虎太郎と暮らしてから、誰も恭兵の代わりにはなれないことを再認識しました。
もちろん、誰も虎太郎の代わりにもなれないのです。
頭では『違う猫だ』とわかっていたのですが、実際に一緒に暮らし始めてから、実感しました。
虎太郎は、虎太郎なのですよ。
その虎太郎へのお祝いの言葉、本当にありがとうございます。
とっても嬉しいです。
Commented by asa_39 at 2005-06-07 20:32
>マーガレットさま
この写真、私と彼の中では『たれこた』と言う名前がついています。
某たれパンダのよう、と言うお話なのですが…。
泣きすぎて鼻の皮…むけますよね。
あの辛さって、何なんでしょうね。言葉では言い表せないものです。
でも、新しい子たちとめぐり合って、癒されていきますよね。
虎太郎を見てると、本当に毎日楽しそうだな、と思います。
今年一年も、きっと楽しく過ごしてくれると思っています。
by asa_39 | 2005-06-06 20:45 | 虎太郎 | Comments(5)