うちのねこ


by asa_39

虎太郎ごめんね

c0015367_18173157.jpg

昨日の飼い主、週末の家事に大忙し。

平日も掃除洗濯はなんとなくやるけど
手の込んだ料理はしないし
大物洗濯もしない。
平日の為にも、料理の下拵えをしておかねば。

あうあー。
忙しい。
と。

そこに虎太郎登場。
例によって、飼い主のストーキングを開始し
キッチンに立つ飼い主の脚で爪とぎをしてみたり
後ろから、か細い声で呼んでみたり。

そのたびに
『こたさん』とか
『なあに』とか
返事はしてみるものの、たいして構いもせず。

そのうちこたさん、しびれを切らし
足元にまとわりつき、
引き出しをあけると中を覗き込み始める。

危ないなあ。と思いながらも放置していたのですが。

『ぎゃん!』
と言う鳴き声に我にかえる。
怯えて、2メートル程離れてこちらを伺う虎太郎。
飼い主の不注意から、引き出しに手を挟んでしまった。

なんてこと!
最低だ!
最低の飼い主だよ!

私の大好きな、虎太郎のでっかい手を挟むだなんて。

その後、抱っこしたり、構ったりと
ご機嫌をとりつづけたのだけど
本猫的に衝撃が強かったらしく
飼い主の首あたりに顔をうずめて眠るも
ちょっとした物音にも、がはちょっと起き上がってました
何しても起きないのがこたの取り柄だというのに

余裕のない人間はいかんですね
自己嫌悪です
[PR]
Commented by マーガレット at 2006-04-18 16:38 x
 それは! こたさん痛かったことでありましょう!
こたさんのチャーミングなチャーミングな、太いお手手を思い浮かべ、いたわしや、と思いました。
 でも! 人の歩く先々に、うにゃうにゃ言いながら付いてまわる子たちを、踏みかけ、いえ、むしろ踏み、「ぎゃ」と言わせることもありますから、時に不可抗力なのでしょう。
 私も、そんな時は「ごめんねごめんね」です。

 何事にも動じず爆睡するこたさんに、早く戻ってね。
Commented by asa_39 at 2006-04-18 17:59
こたさん、翌日にはけろっとしてぐーすか寝ていたので大丈夫です。
とは言え、本当に本当に反省しました。
あの、ぶっといでっかいお手手をはさんでしまったのかと思うと
今でも胸が痛みます。だめな飼い主です。
そう、人の歩く先々をあるく猫たちを
私も何度も蹴りかけ、いえ、蹴り、謝る毎日です。
よけて歩くんですけど、なかなかよけきれないこともございます。
でも、やっぱり、先々を歩くんですよね。
こまりものです。
by asa_39 | 2006-04-17 18:17 | 虎太郎 | Comments(2)