うちのねこ


by asa_39

舟こぐ虎太郎

c0015367_16282717.jpg


ここをご覧いただいている大抵の方がご存知だとは思うのだけど、
わたしは、こたひなまるの更新を、平日は会社から行っている。

昨今よく聞く『仕事中にネットをしていて、クビ』だとか、
そういったお堅い会社ではないので(むしろその逆を行く)
のびのびと猫の画像を見てはにやにやしているのですが…。

つい先ほどのお話。

お昼を食べ終わって、社内も暖かく、
その上風邪薬を飲んでしまったせいで、激しく眠かった。
舟を漕ぎ出すぐらい、眠かった。

役員の考え方からして
『眠い眠い、とだらだら仕事をするよりも、眠いときは15分ほど寝た方が
 すっきりして効率も上がるから、眠いときは寝るべきだ。』
と、言うものなので、寝ることも差し支えないのだけど
差し支えないとは言え、どうしても寝ることを躊躇していまい、
結果、こう、ぐらんぐらん、うつうつ、と舟をこぐことになってしまう。

しかし、舟をこぐほど眠いときというのは
どうしてあんなに気持ちが良いのだろうか。
尋常な気持ちよさでは、ないと思う。

で、ここで猫さんたちのお話。

家の中で、一番“うとうと率”が高いのは
間違いなく虎太郎だと思う。

こたろうの趣味は、“睡眠、抱っこ、水遊び”の3っつだと
限定しても差し支えない、というぐらい彼の猫生は
そこに終始している。

先日も、何気なく虎太郎を見ていたら
『うとうと…はっ、いけないいけない…でも…うとうと…はっ、だめ、…むにゃー』
という感じで1人遊びをしていた。

家の中で、虎太郎に『寝ちゃだめ』っていう人は誰もいないから
さっさと寝ればよいのに、うとうとを楽しんでいる風なのは
もしかして、舟こぎを楽しんでいるからなのかも。


画像は、落ちる寸前のこたさん。
もうだめ、もう寝る、と言う、きわきわの表情がたまらないのです。
[PR]
by asa_39 | 2005-02-10 16:57 | 虎太郎 | Comments(0)