うちのねこ


by asa_39

カテゴリ:雛菊と腎臓( 52 )

輸液直後の雛菊

c0015367_20372015.jpg

輸液直後の雛菊。

左腕の部分がもりっとしているのがお分かりでしょうか。



c0015367_20382210.jpg

こっちの画像のが分かりやすいかも。

左わきの下、ぼっこり。



c0015367_20385781.jpg

ぼけぼけだけど、横から見るとこんな感じ。



この、皮膚がだるーんとなるのは、いつもなるわけじゃなくて
刺さった場所によって、なったりならなかったりです。

皮膚がだるだるしちゃうと、どうも本人、いずいみたいなので
できる限りならないように、とは思うけど、なかなか思い通りにはいかない。

下半身の方が、毛細血管が多いから、すぐ吸収されるらしいけど
下半身の方が、その分痛点もたくさんあるので、痛みが多いそうな。

そうすると、痛点の少ない上半身に刺すわけですが
角度によっては、写真のように液が一箇所にたまります。
難しいなー。


あ、いずい、は、仙台弁でして、痛くも痒くもないけど、何か違う。
そのような状態を指します。
覚えておくと便利です。
[PR]
by asa_39 | 2008-12-15 20:43 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)

雛菊の病院12月13日

c0015367_1824371.jpg

本日も、雛菊の病院へ。

ここ数日、輸液がすっかり上手になって、
針を無駄に使うこともないし、失敗もしなくなりました。
うむ、やはり、人間慣れだな。


血液検査の結果は、

クレアチニン 3.9(3.8)
BUN 50(72)
※( )内は前回


おお。
輸液の効果なのか、とても安定しています。
よかったよかった。


それはそうと、主治医から、情報として、と腎臓移植の話を聞きました。

私の住む神奈川県内に、
実験的に猫の腎臓移植を行っている病院があるそうな。

相当高額ですが、希望があるなら紹介できます、と言われたけど
もう、鳥肌がとまらなくなってしまって、
「無理です無理です無理です無理です」とお断りしました。

金額がどうこうじゃないんですよ。

健康な猫のお腹を開いて、健康な猫の腎臓をもらう、と言うのが
もう、生理的に受け付けることができませんでした。

猫は人間と違って、自分の意思を伝える事ができないじゃないですか。

人間なら、自分で納得した上で、腎臓をあげる、と言う選択ができるけど
猫は納得なんてできないと思うのです。

もしかしたら、その話に乗っかれば、雛菊は長生きできるかもしれないけど
雛菊には悪いけど、私にその選択はできませんでした。

ごめん、雛菊。
もしもの時の、最期の時まで、きちんとできる限りのお世話をするから
許してください。ついでに、日々の輸液も許してください。←便乗。

だからといって、その選択をする飼い主さんがいることを
非難するつもりも、否定するつもりもありません。


そんなわけで、今回の治療費。
腎臓用に購入したいろいろなもののカードの引き落としもあったので
それも追加しておきます。

本日の治療費、9,800円也。
カードの引き落とし(腎臓用分)、24,000円程。
ここまで、合計で268,000円。
[PR]
by asa_39 | 2008-12-13 18:25 | 雛菊と腎臓 | Comments(6)

雛菊横座り

c0015367_6543327.jpg

女の子らしく横座りの雛菊。

身体が薄っぺらいのは良いとして(良かないが)
背骨がごりっと出ている感じ。
カーブが急過ぎだろ。

背骨がぐにゃぐにゃだから、
人間みたいな変な座り方をするんだねぇ。

しかし、ソファで輸液をするため
最近はソファに近付かない雛菊。

もうあの人間みたいな座り方はしてくれないかも。
つまらないなー。

輸液する場所変えようかな。
ソファで寛げないのはかわいそうかな。
いやしかし、いたずらに寛げない場所を増やすのも
雛菊にとってはかわいそうかな。
難しいなー。


結局昨日は雛菊の最も嫌いな場所お風呂場で輸液。
思いの外うまくいったから、今後はお風呂場でやる。
[PR]
by asa_39 | 2008-12-10 06:54 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)

雛菊の病院

c0015367_20255525.jpg

暗闇と雛菊の眼。

と、いうことで、またもや、いやがる雛菊を病院に連れて行きました。

輸液の針を使い切ってしまったのと
(10本もらっていたけど、10回全部輸液できたわけじゃない。
 まともに輸液できたのは、3回。…4回か…?)
日々飲ませている薬が無くなったから。

輸液用のパックの中身が減っている事で、先生に褒められた。

だいたい、最初のうちは、なかなかまともにあげられないそうな。
これだけ減ってるなら、拍手だ、拍手。と。

うまく乗せられたような気もするけど、まあいいか。
喜んでおこう。

血液検査の結果は、

クレアチニン 3.8(4.5)
BUN 72(57)
※( )内は前回

びっBUNがーーー!

BUNの数値は変動しやすいから、それ程気にしなくても良いといわれ
それより、クレアチニンを下げる方が難しいから、
今回は下がってよかった、お家で輸液したからですよ、と言われる。

これもうまく乗せられているような気もするけど、まあいいか…。

輸液をはじめてから、輸液をした直後の方が
雛菊が元気なような気がする。
よく鳴くし(鳴くとは言え、栗丸のように腹から声を出すわけじゃない)
よく甘えるし、気分が乗れば、紐で遊んだりする。

出来る限りでよいから、続けて行こうと思います。

それから、全盛期よりも1キロ近く痩せた、
現在2,9キロの雛菊を太らそう計画を遂行中。
今日は2,95キロで、50グラム増えてた!
彼は誤差の範囲だ、って言うけど、誤差でも良い。
この調子で増やしていこう。
何かあったとき、骨皮筋子じゃ、打ち勝てないぞ、雛菊!


本日の治療費、9,800円也。
ここまで、合計で234,200円。
[PR]
by asa_39 | 2008-12-06 20:42 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)

雛菊の皮下輸液その後

c0015367_10464013.jpg

三度目にして、ようやくコツを掴んできました。
(その倍針を無駄にしてるけど…。)

皮を引っ張って三角形の底辺あたりを…とか
言葉で説明され、ブツブツつぶやいてやっていたけど
それより、己の野生の勘を頼りに射つべし!
そう、結論づけました。
習うより慣れろです。

私がもっと慣れてもっと上手くなれば
雛菊だって楽になるはずです。

正直、自分の飼い猫に針は刺したくないけど
それも雛菊のため、とがんばっています。

なんと言っても雛菊には
出来るだけ良い状態で2010年の年末を迎えて貰わないといけない。

2010年と言うのは、腎不全の治療の記事を見つけたからなのですが。
これと、これ

実用化が実現すれば、もしかしたら、雛菊は健康になれるかもしれない。
だから、2010年までは、なんとしても生きて、元気でいてもらわないと
飼い主困っちゃうのです。

医学の進歩はすごいですね。
予防できないと言われていた猫エイズのワクチンが実用化され
もしかしたら、腎不全も治すことができるようになるとは。

最低でも、雛菊が10歳になるまでは、一緒にいたいのです。
治療はいやだろうけど、雛菊、一緒にがんばろー。


画像は、皮下輸液直後の昨日の雛菊。
背中の所が、ぼさぼさ。
[PR]
by asa_39 | 2008-12-03 10:53 | 雛菊と腎臓 | Comments(4)

雛菊、鬱

c0015367_716973.jpg

雛菊がしょんぼりして、
洗面所から出てこなくなってしまった!

輸液がそんなにいやなのか?

昨日は結局、結構うまくできたから
雛菊に負担はかけなかったはずなんだけどな。
ぜぇぜぇ言ってなかったし。

雛菊、洗面所から出ておいで。
洗濯機の上に一人でいても寂しいよ。

退社後帰宅したら、出てきてますように。
[PR]
by asa_39 | 2008-12-02 07:16 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)

雛菊と点滴

c0015367_1329949.jpg

雛菊を病院に連れて行く。

血液検査の結果は、

クレアチニン 4.5(3.0)
BUN 57(51)
※( )内は前回

徐々に数値は悪くなっているーーーー。
なんでだー。

そんなわけで、自宅で皮下点滴をしましょう。と。

やり方とコツを教えてもらって、点滴セットを一式持ち帰り
頑張ってやってみるも、雛菊にしては、尋常じゃない暴れ方。
そして、鳴きわめく。

ごめん、雛菊。
飼い主の注射がへたくそだから、いやなんだよね。

ようやく落ち着いて針がきちんと刺さって、さあ、お薬注入だ!と、
お薬を入れた途端に、また暴れる。

なんかもう、暴れすぎて、ぜぇぜぇ言うぐらい、暴れる。

しまいに、雛菊が暴れすぎて、飼い主が自分で自分の足に
注射針を刺した。なんでだ。

これ以上、雛菊にストレスを与えてよいのかと
彼と飼い主、しばし悩む。

人間の緊張やらが、猫にも感染するとか言うから、
心穏やかに、思い切ってぶすっとやてるんだけどな。
筋肉には刺してないはずだし、もちろん、骨にも刺さっていないと思う。

がりがり猫さんは、皮下組織がない分、注射にコツがあるそうで…。

やり続けないといけないんだろうか。

ものすっごく嫌がってるのに、果たしてこれが正しいのだろうか。

やったほうが身体は楽になるんだろうけど、
雛菊の気持ちはどうなんだろうか。良いのか?

などなど、どうしてよいかわからない。

何がベストかも、ちょっとよくわからない。

ううーーーん。
どうしてもだめそうなら、夕方、また病院行ってみよう。

雛菊、使えない飼い主でごめん。


本日の治療費、9.000円也。
ここまで、合計で224,400円。
[PR]
by asa_39 | 2008-12-01 14:33 | 雛菊と腎臓 | Comments(2)

雛菊の定期検査と2匹

c0015367_1942046.jpg

本日、雛菊病院の日。

久しぶりの採血どうかなー、
お薬朝晩しっかり飲んだし、
最近はすごく元気な事が多くて、食欲ももりもりあるし
なんなら飼い主たちに「お腹すいたーーー!」ってアピールするしな。
どうなの?
良いんじゃないの?

と、
思ったけれど、残念ながら、あまり好転はせず。

血液検査の結果は、
クレアチニン 3.0
BUN 51
ちっ、BUNがまた上がったか…。
クレアチニンは変わらず。

再度お薬をもらう。

で、
今回、雛菊と腎臓カテゴリだと言うのに
なぜお出かけ間際の飼い主を気にも留めずに
まったりベッドで寛いでいる非常に堕落したこたひなまる画像なのかと言うと
今日は3匹まとめて病院に行ってきたから。

虎太郎と、栗丸、目やにが出て、仙台弁で言うと
「いずい」ような感じになっていたので、連れて行きました。

結果、栗丸は充血しているので目薬をもらい
虎太郎は、異常が無いと言われ、そのまま帰宅。

栗丸は、最初から最後まで、ずーーーーーーーーーっと鳴いていたので
今日の雛菊は圧倒されたのか、うっとおしかったのか、
全然鳴かない良い子でした。


本日の治療費、8,700円也。
ここまで、合計で215,400円。

前回より安かったのはどうしてなんだ…。
目薬分余計にかかったはずなのに、なぜか値下がりしていた。
不審に思って「金額それで大丈夫ですか?」って聞いたけど
大丈夫って言われたよ。なんで?
[PR]
by asa_39 | 2008-11-15 20:18 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)

雛菊のはげ

c0015367_9104897.jpg

雛菊が、ごきげんに寝ております。
検査時に剃られたお腹のはげは、まだまだ産毛程度。
んーーーー。
なかなか生えてこないな。
検査してから、もうひと月近くたつのにな。


c0015367_912498.jpg

はげアップ。
真冬になる前に、生え揃いますように!



お腹がはげになって、初めて気がついたのだけど、
雛菊の腎臓は、倍程度に腫れているとのことで、
腎臓部分が、ぼっこり出ているのが分かりました。

私はばかな飼い主だ。

毛がもさもさしている上から触って、
腎臓が腫れていると言うことに気づかず
「最近、雛菊はお腹がちょっとぽんぽこになってきたなー。
全然太らないと思っていたから、よかったよかった。」
などと、思っていた。
よくない。

ああああああああああああああーーーーーーーーーーーーー。
ばか過ぎて呆れるわ。

とりあえず、雛菊の腎臓部分を撫でながら
気功を送る毎日。
少しでも、よくなりますように。
気功を教えてくださったFさん、ありがとうございました。
続けてます。

とは言え、気功なんて出せない飼い主、なでるだけ。
そして、あまり撫でると“いつまで触っとるんじゃー!”と、雛菊に噛まれる。
雛菊にまともに触れるようになったのだって、
家に来て数年経ってからだもんな…。
甘んじて、その牙を受け入れますとも。
[PR]
by asa_39 | 2008-11-05 09:19 | 雛菊と腎臓 | Comments(2)

雛菊病院の日

c0015367_15473627.jpg

今日は雛菊病院の日。

ここ2.3日調子が良さそうで
病院に行く前も、遺憾の意を表明し、大鳴き。
雛菊さん落ち着いて。

血液検査の結果は、
クレアチニン3.0
BUN48
ちっ、BUNが上がったか…。
逆にクレアチニンが落ち着いた。

またお薬をもらって帰宅。
今までは液体でもらっていたのだけど
今回は、粒のままもらってみた。

最近ネフガード協和(粒)で
飼い主、錠剤をあげるのがうまくなったから試しに。
雛菊も液体よりは錠剤の方が好きみたいだし。
(好きと言うか、よくわからないうちに飲み込ませられると言うか。)

先生が
『なんでこんなに可愛いのに、こんな病気にかかっちゃったかなぁ』
としみじみつぶやく。
可愛かろうと可愛くなかろうと病気になるときはなる。
がんばろー。


本日の治療費、9,700円也。
ここまで、合計で203,700円。
カリカリとか、サプリとかは含んだらもっとかかってるんだろな。
[PR]
by asa_39 | 2008-11-01 15:56 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)