うちのねこ


by asa_39

カテゴリ:雛菊と腎臓( 52 )

雛菊とネフガード協和

c0015367_8581682.jpg

雛菊の腎臓の病気が発覚してすぐに
ばかみたいにネットで検索して購入した
ネフガード協和(粒)。(※リンク先はPDFです)

なんでも良い。
雛菊が少しでも楽になるものはないか、と
いろいろ探したら、活性炭が良いと言う情報に行き着いた。

活性炭は身体の毒素を吸着して
便と一緒に排出してくれるらしいです。
すごいな、活性炭。
雛菊の腎臓の助けになるように、毒素を排出してくれー。

実際の効果は分からないものの当分続けてみる予定です。

せっせと、押さえつけて投薬を続けていたせいで
お陰さまで、粒を飲ませるのが上手くなりました。
今なら、どんな粒でも、雛菊に飲ませることができる気がする。
[PR]
by asa_39 | 2008-10-28 09:03 | 雛菊と腎臓 | Comments(2)

雛菊の療法食、2つ目

c0015367_11193295.jpg

我が家の削痩している雛菊の療法食、

ドクターズケアのキドニーケアが終わったので
スペシフィックの腎臓サポートへ、移りました。

粒がでかい。
ドクターズケアのキドニーケアが、5mm×3mmとするなら
スペシフィックは1cm×1cmって感じ。
そして、いわしのつみれみたいな匂いが強い。
つみれ汁を、濃いぃぃぃくしたような匂いが辺りにただよう。

そのままでは若干不評だったので、結石だと言われた時に購入した
ピュリナワンのF.L.U.T.D.ケアを混ぜたら
それなりに食べるようになった。

んーーー。
でも、できれば、結石用とは混ぜず、完全腎不全用にしたいので
これを続けることは無いかも。

とりあえず、無くなるまでは続けます。

c0015367_11263321.jpg


画像は、上下とも、お気に入りの場所で眠る雛菊。
点滴後のはげのせいで、でっかい靴下履いてるみたい。
うーん、腕が細い…。
もっと太ってくれぃ。
あ、でも、太っても腕が太くなることはそうそう無いのか?
[PR]
by asa_39 | 2008-10-21 11:28 | 雛菊と腎臓 | Comments(2)

雛菊の療法食

c0015367_1518287.jpg

以前病院からいただいた、腎臓用の療法食は
ヒルズのk/dと言うもの。

しかし、最初はなんとなく食べたけれど3日もすると
見向きもしなくなってしまった…。

こりゃいかん。

と、色々探して勉強して、取り寄せたのが、画像の三種類。

左から
ロイヤルカナン腎臓サポートスペシャル
スペシフィックの腎臓サポート
ドクターズケアのキドニーケア

素人判断ながら、本命は一番右のドクターズケア。
なんか良さそう。
リンク先の説明も、一番詳しい。

でも、正直、食べてくれるなら、どれでも良いのです。
雛菊が嫌がらず、食べたいと思ってくれるものなら、なんでも。

ちなみに、現在、本命のドクターズケアをあげていますが
食いつきはそこそこと言ったところ。
可も無く不可も無く。

あ、
こたひなまるは、いつも同じご飯を食べていて
別々の物をあげるのは、ほぼ不可能に近いのですが
病院の先生に確認したところ
腎疾患を患っていない猫が食べても問題ないとの事で、同じものを与えています。
副作用として、多少痩せる事もあるかもしれない。のだけど
家には多少痩せて困る猫は雛菊以外、おらん!

下の画像は、並べて、雛菊に選ばせるの図。
3っつ並べて、どうにも気になるのがドクターズケアだったので
最初にあげてみました。
c0015367_15184798.jpg

[PR]
by asa_39 | 2008-10-19 15:20 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)

病院と雛菊

c0015367_2047211.jpg
c0015367_20471065.jpg

日本動物高度医療センターに行ってきました。

雛菊の詳細が書いた用紙をいただくのと、
膀胱の中に出来た“何か”が、何なのかを聞きに。

初めて行った日本動物高度医療センターは
あまりに立派で驚きました。すごいな。
人間の下手な病院よりも立派だな。バブルの匂いがするぜ。

膀胱の中に出来た何か、は、まだ検査の結果が出ていないとのことで
結果が出たら連絡をもらう約束をして、
取り急ぎ、詳細が書いた用紙をいただく。

全6枚に渡る、A4用紙を読み、へこむ。

書いてある、病気の内容も、へこむに十分な事が書いてあるのだけど

「皮下および、腹腔内脂肪が乏しい」
「削痩しています」

の、2言に、相当へこむ。
削痩を調べたら、骨と皮ばかりに痩せこけた状態って書いていました。

違うよ、雛菊は、最初っから、こうなんだよ。

全然太らないのを心配して、いろいろ試したり、
病院に連れて行ったりしたんだよ。
でも、肉がつかないんだよ。
ご飯はたくさん食べるのに、全然太らないんだよ。

と、言いたいけど、がりがりっちょなのは、真実なので
こう書かれても仕方が無いと思い直す。

その後、主治医の元へ。

主治医に会うのは、退院以来。
主治医、アシスタントの方2名が、なんだか大歓迎してくれる。
雛菊を心配してくれていたらしい。
ありがたいことですね。

入院当初のBUN(尿素窒素:平均値は12~41)の値が80だったので
どきどきしていたのだけど、血液検査の結果今日は34。
すごい!
何でなのか理由はわからないけど、下がったよ、すごい!
平均の中に入りました!
若干クレアチニンが上がったけれど、とりあえず、よかった。

ほかの数値にも、それぞれ若干異常はあるものの
昨日あたりから、かなり雛菊は元気で、
今日は病院から戻ったあと、栗丸とおもちゃで遊んだりしていた。
ご飯も、たくさん食べる。
やっぱり、お家でまったりしているのが一番なんだろうな。

まずは、2週間分のお薬をいただいて、飲ませることに。
2週間後、再検査。


今回の治療費は、11,000円。
合計で、194,000円です。


下は、今日の午後、病院から戻った後の雛菊。
c0015367_2139587.jpg

c0015367_2140326.jpg

カリカリを食べて、相当満足。
両腕のはげが、これまたキュート。
元気になってきて、いろいろとなすがままだったのが
(病院とか、お薬とか)
少し抵抗するようになってきました。
うれしいです。
[PR]
by asa_39 | 2008-10-18 21:42 | 雛菊と腎臓 | Comments(4)

雛菊のトイレ

c0015367_1539402.jpg

たくさんお水を飲んで、たくさんトイレに行く雛菊用に
取り急ぎ、ちっちゃい新しいトイレを設置。
(いや、設置したのは、私ではなく彼だけど。)

砂が飛び散らないよう、段ボールとタオルで囲いを作ったのも彼。
さすが、図画工作ニスト。

トイレ自体は、一日に一回か二回使う程度で
気に入ってるかどうかは不明ながら、
箱の上は気に入ったらしく、乗って寛いでいます。

c0015367_1542655.jpg

せっかくなので、ロックなシールを貼ってみた。

雛菊も、雛菊トイレも、ロックだぜ。

まずは、出来ることからやってます。
(ロックなシールが雛菊に必要かと言われると、そこはちょっと違うけど。)

ご飯に関しては、現在、厳選中。
腎臓疾患用を、三種類お取り寄せ中。
早く届くといいな。
[PR]
by asa_39 | 2008-10-16 15:44 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)

雛菊の病気

c0015367_15195456.jpg

仙台にいる間、状況がどんどん変わって、
何から書けば良いやら、私の中でまだ整理できていないのですが、
とりあえず、雛菊の病名がわかりました。


多発性嚢胞腎」です。


まず、私が仙台に行っている間に、病院が変わりました。


いつも行っていた獣医が紹介してくれた
日本動物高度医療センター」へ、移動しました。
↑リンク先をご覧いただければわかりますが、
ここは、かかりつけ医の紹介が無いとかかることが出来ない、
人間で言うところの大学病院のようなものだそうです。

ここに掲載されていますが、
人間並みに科が分かれており、雛菊は、泌尿器専門のお医者さんにかかりました。


最初の検査の結果、

●腎臓が通常の2倍に腫れている。
●腎臓に、水疱がたくさんできている。
●腎臓の機能が75%以上動いていない。
●貧血が起きている。
●膀胱の中に何かが出来ている。

これらのことがわかりました。


更に詳細な検査を行い、多発性嚢胞腎である、との結論が出ました。

雛菊は、ペルシャ系の猫だそうで、
ペルシャの短毛は、2分の1の確率でこの病気のDNAを持っているそうです。

今日明日死ぬわけでは無いが、通常の猫に比べ
寿命は短くなるそうです。

今後は、腎臓に負担をかけないように、点滴に通う事になります。

週に一度になるのか、毎日になるのか、
それは数値を見ながら、獣医と相談して決めていくとの事。

取り急ぎ、「雛菊と腎臓」というカテゴリを作りました。

日本動物高度医療センターにてかかった金額は、105,000円ほど。
もしかしたら、これをご覧になっている方の参考になるかも、と
病気の経過とともに、金額も書いていくことにしました。

初めて病院にかかってから、ここまで、183,000円かかっています。


無知は、怖いですね。

猫の事を考え、思い、健康診断も欠かさず、ワクチンも欠かさず、
ご飯も厳選に厳選を重ね、そうして、大切にしていたつもりが、
こんな結果になってしまい、反省しています。

雛菊が、元野良だったこともあり、ペルシャ系だなんて考えもしませんでした。
仮に考えたとしても、このような病気がある事を知りませんでした。

自分の無知から、雛菊を苦しめてしまっていることが
雛菊に対して申し訳なく、自分の馬鹿さ加減に嫌悪しています。


画像は、検査でお腹を剃られた雛菊。
腕も、点滴の名残ではげています。
はげてても、雛菊はかわいいな。
世界一かわいいな。
[PR]
by asa_39 | 2008-10-15 15:34 | 雛菊と腎臓 | Comments(6)
c0015367_11342585.jpg

昨日退院できる予定だった雛菊。

迎えに行っても大丈夫かしら?と、
昼間にワクテカしながら病院に電話を入れたところ
検査の結果、結石があり出血もあるので、と入院が延びてしまいました。

いてもたってもいられず、お見舞いに。

あああああーーーーーーーーー。
雛菊!
キミはなんて素敵なんだ!
入院している猫さんはたくさんいるけど、
キミの!
キミのその声が一番かわいい!

そんな気持ちで、久しぶりに会った雛菊。
飼い主にブチ切れたらどうしよう…と言う心配は杞憂に終わり
すごく甘えた声で、すりすりしてきて、こちらをずっと見てくれていました。

点滴中だったので、あまり触ることはできなかったけど、
雛菊は元気そうだったので、とりあえず安心しました。

あ。
ちなみに、飼い主から見れば、他の入院中の猫さんより
雛菊が可愛く見えるのは当たり前で、
雛菊の声が一番かわいく感じるのも当たり前ですが、
ひいき目無しにして、雛菊の顔が一番丸かったです。

さすが「まるさん(※)」…。


※雛菊が保護されていた時の、保護主さんが呼んでた名前。

あと、別アングル雛菊も一枚。
点滴中なのに、大人しいものです。
雛菊はイイ子だな。
c0015367_11462070.jpg

[PR]
by asa_39 | 2008-10-08 11:59 | 雛菊と腎臓 | Comments(2)

雛菊入院

c0015367_1081117.jpg

昨日、雛菊を病院に連れていきました。

2週間、薬を与えた結果
残念なことに数値が全然良くならず
むしろ悪くなってしまい、入院となりました。

5日間入院して、点滴とかで治療をしてくれるそうで
さすがに自宅で点滴は無理なのと
『朝預かって夜返しても良い』と言われたけど
診療時間内に行けるかわからないし
雛菊の負担が大きそうなので
お願いしてきました。

あああー。
寂しいなー。
虎太郎と栗丸はいるけど
いつもいるはずの雛菊がいないのは寂しいなー。
雛菊も寂しい思いをしてるだろうなー。
早く元気になって帰ってきますように!

あ。
入院治療費用は6万円ぐらい、と言われました。
退院時にお支払い予定。
6万円ぐらい、のぐらいってなんだ。
治療費用をケチるつもりは
これっぽっちもないけど
家が共働きでよかったなーとは思います。
[PR]
by asa_39 | 2008-10-05 10:08 | 雛菊と腎臓 | Comments(4)

最近の雛菊

c0015367_715814.jpg

相変わらず、世にもくっさい薬を飲んでます。

先日薬が手についたので
試しに舌をつけてみたのですが
匂いに反して、ものすごく甘かった。

雛菊が日本語を話せれば、
『臭いけど甘いよね、鼻摘まんで飲むかい?』
とか聞いてみてもありだけど
いかんせん彼女は日本語がよくわかっていない。
残念。
もしくは好都合。
[PR]
by asa_39 | 2008-10-03 07:01 | 雛菊と腎臓 | Comments(0)

雛菊とゴハン

c0015367_16583453.jpg

とうとう雛菊がゴハンを食べなくなってしまった…。

いや、体調が悪く、と言うことではなく
病院からいただいた、療法食をボイコット。

うちは三匹同じ食事なのだけど、
健康な虎太郎栗丸に療法食あげても良いのか?
と確認したら、問題ないと言われて、
三匹に同じくヒルズのk/dと言うのをあげていた。

最初は、仕方ないな、と3匹とももりもり食べてくれていて
あ、意外とイケルんじゃないかと思った矢先、
早い段階で虎太郎栗丸が脱落。

しかし、とうとう雛菊も脱落。
全く減らず。
普段あげている、ピュリナを半分混ぜればなんとか食べるけど
単体ではなかなか食べてくれない…。

猫のゴハンを変えると、色々難しいですね。


画像は、ゴハン中雛菊。
右と左のお皿から交互に食べるの巻。
同じものなのに。
[PR]
by asa_39 | 2008-09-27 17:02 | 雛菊と腎臓 | Comments(4)