うちのねこ


by asa_39

カテゴリ:雛菊( 445 )

雛菊のお墓参り

c0015367_1252457.jpg

雛菊一周忌だったため、お墓参りいってきました。
卒塔婆も新調してもらっていたので、新しくなってた。
余談ですが、ピーちゃんの卒塔婆も新調されてた。
愛されてるね…ピーちゃん…。
鳥の身で猫の隣は辛いかもしれないけど、また一年雛菊の隣でよろしくね。



c0015367_1271382.jpg

池には鯉の他に亀。
亀、めちゃなついてて、一生懸命何かをアピールしていた。
えさなんて持ってないぞ。



c0015367_1281453.jpg

前衛的な猫の石像。
家にもほしい。



c0015367_1285842.jpg

なぜか狸。これはいらない。



c0015367_1291669.jpg

前に来たときもいた、イケメンな黒猫。
虎太郎ほどじゃないけど、でかい。



c0015367_1295011.jpg

このこも、前にもいた猫。
すごくなつっこくて、ずっと撫でれ撫でれ!ってアピられた。
撫でたけど。

しかし、ここにいる猫達、みんなでかいし、太ってる。
お墓参りの人間見ても逃げる気配もないしなあ。
楽しそうでなにより。


※画像はクリックすると若干大きくなります。
[PR]
by asa_39 | 2010-10-16 12:12 | 雛菊 | Comments(2)

雛菊一周忌

c0015367_725410.jpg

c0015367_725463.jpg

本日雛菊命日。

書きたい事は様々あれど、ネガティブ発言連発しそうなので自重。

ここで一つ書ける事と言えば、
雛菊は今でも私の中では世界一かわいい猫だよって事です。
きっとずっと変わらないんだろうなあ。

雛菊はいつ見てもかわいいね。
明日は晴れたらお墓参りにいこう。

※横長画像はクリックすると若干大きくなります。
[PR]
by asa_39 | 2010-10-15 07:25 | 雛菊 | Comments(6)

雛菊降臨…しないわな

c0015367_6572333.jpg

本日飼い主体調悪く若干ダウン。

こんなとき雛菊がいれば『看病猫』だった雛菊は
一緒にぴたりと寄り添ってくれたのに。

現在わが家にいる猫たちは、欲望のまま、ドーン!と来るもんな。
残念だ。

画像はげんこつみたいな顔で眠る雛菊。
[PR]
by asa_39 | 2010-06-14 06:57 | 雛菊 | Comments(2)

雛菊の供養?

c0015367_835241.jpg

昨年10月に亡くなった雛菊。
安置されているペット霊園から、初盆?の?動物慰霊祭大法要の案内がきました。
いや、行きませんけど。

自宅にはちょっとだけだけどお骨はあるし、
お墓に行けば卒塔婆と残りの骨があるし、
行く必要を感じないので、私は行きませんけど、
それよりなにより、案内状の


「ペットちゃん」のために。


の、ちゃん、が、疑問。

ペットでよくね?

だめなの?

いっそのこと、ペットさん、の方がまだ違和感ないような気がするな…。
いやいや、ペット様とか…。
違和感も行きつくところまでいけば自然になると言う…。

世の中色々な人がいるだろうから、それに対する配慮なのだろうけど、
少なくとも、私も雛菊(勝手に)も「ペットちゃん」の呼び名には違和感を感じます。

雛菊画像を漁っていたら、なんか ↓ こんなのも出てきた。

c0015367_8415667.jpg



あーーーー!
かわいい!
もう、雛菊は、本当にかわいくて、いつでも会いたくて会いたくて仕方ない。
[PR]
by asa_39 | 2010-06-04 08:43 | 雛菊 | Comments(6)

雛菊のお墓参り

c0015367_1746154.jpg

雛菊のお墓参りに行ってきました。
特に意味はなく、思い付きです。




c0015367_17472572.jpg

相変わらず燦然と輝くひなたんの卒塔婆。




c0015367_17554081.jpg

お花もいっぱい。
ありがたいですなあ。
(飼い主は思いつきで行ったので、お花持って行ってない。えへえへ。)




c0015367_1758622.jpg

敷地内にあった鳥居。と、お社。
小さくてかわいい。




c0015367_17585972.jpg

赤い実がなってたよ。




c0015367_1811255.jpg

椿、と、参道。




c0015367_1833679.jpg

桜も咲いてた。向こうに見えるのは全部動物のお墓。
広いな。




c0015367_1844220.jpg

散策途中で出会った猫。
子供でも入ってるんじゃね?ってぐらい太ってた。
良い暮らししてるんだろうな。




c0015367_1854245.jpg

一番上の階層?に、まさおくんのお墓があった。
ぽちたま、全然見てなかったけど、まさおくんのことは知ってる飼い主。




c0015367_18102070.jpg

帰り道で出てきた猫さん。
なぜここのお墓の猫はみんなこんなに太っているのだ…。




c0015367_1811516.jpg

またねー!




そんなわけで、ふと思い立って雛菊のお墓参りに行ってきたのだけど
上のほうまで散策した事がなかったので、新しい発見もあったりで
相当楽しんで帰ってきました。

一番上のほうとか、行ってない道とかもまだあるので、
そのうちまた気が向いたら行ってこようと思います。
[PR]
by asa_39 | 2010-03-27 18:15 | 雛菊 | Comments(6)

雛菊の四十九日

c0015367_7335383.jpg

己の結婚記念日を過ぎてから思い出すぐらい、
日にちに対してはこだわりを持ってはいないのだけど
今日は雛菊の四十九日。


早いな。

雛菊が死んだあの日、
遅かれ早かれこうなることはわかっていたのに
それでも、もう会えない事がこんなに辛いと泣き崩れ、
泣き崩れたけど、日々こうやって、きちんと立って私は暮らしています。

雛菊を思い出す回数は徐々に減っていっても
雛菊への思いは何も変わらず
今でも、ふとぼんやりしたときに会いたいと思い
やっぱり、さみしいと思う。


人間は四十九日が過ぎると極楽浄土に旅立つらしいけど
猫はどうなのかなー。
わからないな。
わからないけど、まだ、どこにも逝かないでほしいな。


雛菊が見たら、
いつまでもぐずぐずと気持ち悪い飼い主だわー
とか思われそうだけど、それでも。
それでも、雛菊がいないと、さみしくて、さみしくて、たまらないよ、ひなたん。


画像はずいぶん前の雛菊。

雛菊の写真の中では私の一番のお気に入りで、
自分の飼い猫の写真の中では唯一会社のデスクに貼っているものでもあります。

雛菊はよくこういう表情でこちらを見上げていたのだけど
この写真を見る度、やっぱり雛菊は世界で一番かわいいと思う。
[PR]
by asa_39 | 2009-12-02 07:33 | 雛菊 | Comments(8)
c0015367_1116286.jpg

昨日、飼い主インフルエンザワクチンを受けた後に
雛菊のお墓に行ってきました。
納骨が済んだ、と言うのと、卒塔婆ができました、と言うので。



こっちは、卒塔婆がおいてある慰霊塔です。
c0015367_11172944.jpg




雛菊の卒塔婆。
c0015367_11183478.jpg

名前が消してある部分は、私ではなく、彼の名前が入っています。



骨は納骨堂に入っています。
こっちは、納骨堂に立ててある、ミニ卒塔婆。
c0015367_1120863.jpg


…でも大変。
雛菊の後ろのミニ卒塔婆、愛鳥ピーちゃん…。
いや、良いんだけど、猫の隣に鳥を置くのはどうかな…。
雛菊、あれでいて野良で1年生きた子だから…。
結構ハンティングが上手なんじゃないのかな…。
いや、良いんだけど…。
ま、ピーちゃんて名前ついてるけど、インコとかじゃなくてイヌワシとかかもしれないし。
そしたら、雛菊ぴんち。



雛菊慰霊塔のそばの東屋についている池。
c0015367_1123326.jpg

ほのぼの。



良い場所でした。
[PR]
by asa_39 | 2009-10-25 11:25 | 雛菊 | Comments(6)

雛菊の帽子

c0015367_8544429.jpg

生前、雛菊はペットボトルのキャップドリブルがすごく上手で
キャップひとつあげておけば、部屋中を走りまわって
キャップを失くすことなく無限にドリブってたわけなのですが。

つい先日、彼が何かにやにやしているので、何かしたのかと
雛菊の骨壷をみたら。


c0015367_8561649.jpg

なにこれ!
うける!
知らんけど、きっと雛菊も笑ってる!
少なくとも、飼い主は笑ってしまった。


ちなみに、昨日の虎太郎画像、よく見ると分かるかと思いますが
骨壷の手前に置いてある白い花がキャップの上に乗っています。
これやったのも彼です。
虎太郎に落されてたけど。


雛菊の画像は、袋にからまって動けなくなっていたのを助けた直後。
しょんぼり中。
[PR]
by asa_39 | 2009-10-21 09:01 | 雛菊 | Comments(0)

雛菊、火葬してきました

c0015367_15433975.jpg

本日午前中、こちらにて雛菊を火葬してもらってきました。

恥ずかしながら昨日は泣きすぎてしまい、
朝起きたら顔が別人のようになっていて、
彼から「…どちらさま…?」と言われる始末。
失礼を承知で、サングラスして出かけました。


亡くなって一晩たった雛菊は、一晩たっても雛菊のままで
手触りは生前と変わらず柔らかなままだし、肉球も柔らかい。

火葬してもらうとき、「こちらでお別れは最後になります」と言われて
蓋が閉められるのですが、まだここに雛菊がいるのに、と思ってしまい
それが辛かったです。

ただ、火葬が終わって、骨になった雛菊を見たときに、
自分の中でひとつ、区切りが付いたというか、実感してしまったというか、
上手く言えませんが、現実をなんとなく受け入れることができました。

小さな骨壷をひとつ購入して、お骨の一部を持って帰ってきて
残りは共同墓地に入れてもらうことにしました。

c0015367_1553984.jpg

雛菊のイメージに一番近いものを選んだ、ミニ骨壷。
高さ9センチなので、本当に小さいです。

私は以前、霊能者?霊媒師?と呼ばれる人に見てもらった際に
「あんた、守護霊がいないよ!」
と、開口一番言われたことがあるのですが、
雛菊が私の守護霊になってくれると良いなあ。
別に、今まで守護霊が居なくても困ったことは一度も無いけど
雛菊がなってくれたら、嬉しいなと思いました。


午後から、輸液の残りを返さないといけないのと、
お世話になった挨拶を言うために、
雛菊がかかっていた病院へ、菓子折りを持って出かけました。

先生は謝ってくれましたが、雛菊のことでは散々お世話になったので
むしろとても感謝しています。


その帰り道、ふと、「ああ、帰ったら雛菊の輸液をやらないとな」と思ってしまい
もう居ない事が、物足りなく、慣れる事に時間はかかりそうです。


なんだか、だらだらと書いてしまいましたが、
今日一日、こんな感じで過ごしています。

画像は、7月頃、まだ元気いっぱいだった雛菊。
右手がかわいい。
[PR]
by asa_39 | 2009-10-16 16:06 | 雛菊 | Comments(8)
c0015367_1643892.jpg

本日、雛菊亡くなりました。

あまりブログで楽しくない事を書きたくないので書いてはいませんでしたが
実はここ2週間ぐらい、ずっと調子が悪く、ものを食べなくなっていました。

輸液は続けていましたが、あとは、普段食べられないおやつで気を引き
何かしら口に入れてもらう日々。

それすら口にしてくれなくなったのが、三連休の時。

その後は、輸液+栄養剤をシリンジで口に流し込んで飲ませる、と言うのを
行っていたのでしたが、昨日からは何を口に入れても吐いてしまい
本日、とうとう亡くなりました。
最後に量った体重は、1.9キロまで落ちていました。

この2週間、寝る前は「また明日ね」と、声をかけ
自宅を出るときは「帰ってくるまで待っててね」と声をかけてきましたが
今日、会社を午後休で帰ったときは、既に亡くなっていました。
触ったらお腹がまだぬるかったので、亡くなった直後だったのかもしれません。

2003年4月4日に野良だった雛菊がおよそ1歳で家に来て、
誰よりも、幸せにしてあげると言ったのに
結局幸せにしてあげることができたのは、短い間でした。
それだけ、残念です。


また、雛菊を気にかけてくださった方、色々ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。



雛菊。

寂しい。
寂しいよ。

雛菊を不細工だって言う人もたくさんいたけど、
私にとっては世界で一番かわいかったよ、雛菊。

玄関でおしっこしちゃうのだって、いつまでもやってくれてて良かったのに。

毎日の輸液だって、全然苦じゃなかったよ。

長い旅行は行けなかったけど、別に行かなくて良かったんだよ。

人差し指を近づけると、雛菊パンチ、またしてほしいよ。

キャップでいつまでもドリブル、すごく上手だったから、また見たいよ。

飼い主のおなかの上で寝るの、腰が痛くなるけど、
ずっと乗ってて良かったんだよ。

だからまた会いたいよ、雛菊。


画像は、なくなる数日前の雛菊。
雛菊はずっと廊下にいたのですが、この時だけ出てきて
リビングを興味深そうに見渡していました。

雛菊はいつ見てもかわいいね。
雛菊見てると、飼い主、かわいすぎて涙が出てくるよ、雛菊。
[PR]
by asa_39 | 2009-10-15 17:07 | 雛菊 | Comments(20)