うちのねこ


by asa_39

<   2005年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日は、自宅近所の町内会のお祭りだった。

自分たちだけ楽しむのは申し訳ないので、猫にお土産を購入。
c0015367_123237.jpg

一回300円のスーパーボール。
300円て。暴利な。
しかも、よくみると、ボール状だけではなく、“まきぐそスーパーボール”まで。
時代の流れなのでしょうか。

自宅に戻り、早速スーパーボールを猫たちに。

c0015367_1284871.jpg

c0015367_128213.jpg

すごい遠巻きに眺めております。

あれ。
あれれ。
すっごい反応が悪い…。

飼い主、心の妄想としては、
虎太郎がダッシュで追いかける。
栗丸がうきゃー!うっきゃーー!と、飛び跳ねる。
雛菊がスーパーボールで一人遊び開始。

飼い主大満足。

だのに、全く喜んでない。



c0015367_12135369.jpg

c0015367_12142127.jpg

びびりつつ、そろそろと近づくこたひなまる。


こたひなまるに、ボールを転がすと、びくっと3センチほど飛んで
ダッシュで逃げ出す始末。

何がいけないんだろう。
ゴムくささ?
それとも、びよんびよん飛ぶ様?
もしくは、テンションの上がってる飼い主?


c0015367_12163920.jpg

玄関に散らばるスーパーボールと、それを見に来た虎太郎。


こたひなまると遊ぼう!スーパーボール大作戦!は
大失敗に終わりました。ああ、しょんぼり。


そして、大作戦完了後に、まきぐそをむしゃむしゃやる二匹。
c0015367_12363536.jpg

c0015367_12372152.jpg

コイツは、どこに転がるのかわからず、予測のできない動きをします。
一番楽しめました。(飼い主が。)
[PR]
by asa_39 | 2005-07-31 12:40 | こたひなまる3匹 | Comments(2)

シャム猫の特徴と栗丸

c0015367_10163326.jpg


ふと、栗丸を見て、思った。

『コイツ、見た目はシャムっぽいけど、一体どこまでシャムなのか?』

と。

早速、シャムの特徴を調べる。
ネットは便利だ。
以下、検索した特長をずらずらと書いていきましょう。


(1)遊びが大好き、甘えるのは天下一です。
…確かに。

(2)環境の変化や初対面の人には神経質になります。
  もともとは好奇心旺盛なので興味はあるのですが、 
  物音ひとつでビクッとしたり隠れたりというように
  怖がりの怖いもの見たさとでもいうのでしょうか。
…おおお!栗丸だ!

(3)良く知られているとおりシャムはとてもよく鳴く猫です。
…鳴く!鳴くよ!鳴きまくりです!

(4)しなやかで筋肉質な体型のため、抱っこすると見た目よりもずっしり感じます
…ええ、ええ、うちのぼっちゃんは、筋肉がパキパキですの。

(5)一匹で遊ぶことより、飼い主に遊んでもらうことを好みます。
  遊びたくなると、飼い主を遊びに誘うこともあります。
…誘われまくりです!いつでもどこでも誘われてます!


ざっと探したところ、以上のような特徴があることが判明しました。

ほほう。

栗丸、模様は変だけど、立派にシャムの特徴を兼ね備えているんだね。
さすが!栗丸、さすが!
その栗丸クオリティに飼い主は、とても感激いたしました。

でも、ぼっちゃん。
そのわがままさは、栗丸オリジナルだよね。
聞き分けの良いぼっちゃんなんて、なんかキモチワルイ。
ぼっちゃんがわがままでよかったな。


画像は、栗丸の変な模様がよくわかる一枚。
目も口元も可愛らしくて、飼い主はいつでもめろめろ。
ちなみにこの画像は、【2005年07月18日・彼を癒しきれなかった栗丸】で
遊びに使ったものの、元画像。
[PR]
by asa_39 | 2005-07-30 21:37 | 栗丸 | Comments(2)

ジェラシー雛菊

c0015367_1043867.jpg


雛菊は、私よりも、彼になついている。

寄りかかって眠るのも、めったに私のところになんて来てくれないし
おけっつをふりふりしながら、足に纏わりつくのも、彼の方が多い。
最大の違いは、膝に乗って甘えることだろうか。
私の膝には乗ってくれず、ただの通過点にしか過ぎない。

つい先日も、彼が1人、我が家のサーバールームにて
PCを弄っていると、雛菊がぶるにゃんぶるにゃん言いながら
彼の膝に飛び乗って激しく甘えていた。

なんて、ジェラシー。
私に甘えても良いんだよ、ひなたん。
さあ、いつでもウェルカムだよ、ひなたん。
キミのために、飼い主は膝を空けて待っているよ、ひなたん。

とは言え、私の愛は一方通行につき、
やっぱり私よりも、彼が好きらしい。

仕方ない。
涙を呑んで、我慢するか。

我慢するけど、膝に乗せた雛菊をかわいがりながら
彼が『どうだ?』的な視線を私に向けるのが、悔しくて仕方がない。

『どうだ?』じゃ、ない。
その、得意そうな顔を、やめなさい。

その、悔しがってる飼い主の様子がおかしい。と、益々雛菊といちゃつく彼。
私だって、雛菊といちゃつきたいのに…。

しょうがないから、ハンカチを噛み締めながら
いつか雛菊の気持ちが私に向くのを待つとするか…。
よよよ…。


画像は、モデル立ち雛菊。
口元のもりっと具合、丸い顔、でっかい耳、耳の先のアンテナ、
そして、雛菊の魅力が凝縮されている、目。
この顔に一目惚れして、当時1歳だった雛菊がうちに来るまでの間
里親募集されていた画像を、暇さえあれば眺めていた。
一目惚れしたのは、私なのよ…!ひなたん…!←しつこい。
[PR]
by asa_39 | 2005-07-29 10:46 | 雛菊 | Comments(4)

げーりーな虎太郎

c0015367_10335623.jpg


うちの猫たちが通常食べているものに関しては
【2005年03月17日・こたひなまるのご飯】にて、詳しく書いてますので割愛しますが
なんと、ここでご紹介したカリカリが手に入らなくなってしまうらしく。

あああ、困った。
本当に、困った。
一番困っているのは、虎太郎に対してです。

虎太郎は、家にきた直後、カンピロとかいう菌に感染していると診断され
結構長いこと下痢と嘔吐が続き、病院通いをしたのです。

病院通いが終わった後も、
虎太郎の身体に合わないカリカリを食べると、すぐに下痢をしてしまい
『おけっつが汚いこた』
という、あまりありがたくない冠名を欲しいままにした虎太郎。

今ではそんな気配すらありませんが、結構繊細な胃腸を持つ虎太郎。
そんな虎太郎の胃腸を気遣い、病気が治った後も
いろいろとカリカリを変えて、下痢や嘔吐が出ないものにようやくめぐり合えたのに。

この場合、飼い主のカリカリ基準としては
(1)虎太郎が下痢や嘔吐をしない
(2)当然総合栄養食で、できるだけ栄養満点、変な材料を使っていない
(3)毛を吐くのが可哀想なので、ヘアボール系
(4)そして、3猫たちの食いつきが良い
こんな感じなのだけど、一体何に変えれば良いのやら。

こたひなまるをご覧いただいている猫飼いさんたちで
何かオススメがあったら、ぜひとも教えていただきたく。

それにしても、猫たちも、飼い主も気に入っていただけに、ちょっとショック。
とりあえず、あと2ヶ月分ぐらいはストックがあるので
その間にゆっくり、でも迅速にいろいろと検討したいと思います。


画像は、そんな飼い主の心配をよそに変な顔で眠るこた。
ちょっときもい。
って、言うか、何だかぬるりとしてますね。
[PR]
by asa_39 | 2005-07-28 11:12 | こたひなまるのご飯 | Comments(3)

益々ぱきぱきな栗丸

c0015367_1053911.jpg


飼い主たちが朝食を食べる。
虎太郎は、寝ている。雛菊も寝ている。

栗丸は、誇張した表現ではなく、家中を走り回る。

玄関からリビングへ。
一旦止まって、助走もつけずにソファから、キャットタワーへジャンプ。
飛び降りて、窓へ一直線。
きききっと方向転換し、再度ソファを横断し、そのまま寝室へ。
寝室の中から、またジャンプしているような音が聞こえ
すごい勢いで飛び出てくると、洗面所へ消える。

と、言うのを、何度も繰り返す。

栗丸ぼっちゃん…。
ちょっとお伺いしたいのですけど、暑くはないのですか。

台風一過の、このすばらしいお天気。
本日の最高気温は34度だそうですよ。
朝から大分気温が上がっておりますよ。
大丈夫なのですか。

そんな飼い主の心配をよそに、ぼっちゃんは、走る。
フローリングに足が取られて、同じ場所で何度もばたばた足を動かし
そしてまた、走る。アニメみたい。

ようやく落ち着いた栗丸を撫でながら、『こいつまた筋肉がついた…』と彼がつぶやく。
『栗丸、落ち着きないし、筋肉すごいし、わがままだし、人間じゃなくてよかったよ。
人間だったら、大分暑苦しい。友達には欲しくないタイプだ。』
などとぶつぶつ言いながら、撫でていた。

その後、二人で出社する途中に
駅前のフィットネスクラブから出てきた男の人が
細身なのにすごい筋肉質だったため、二人で
『栗丸だ。』
『おお、栗丸だ。』
『彼を栗丸と名付けよう』

人間の栗丸が完成した。
猫用のカラダスキャン(飼い主愛用の体重計・筋肉量や体脂肪率・身体年齢が出る)が
あったとしたら、栗丸の筋肉量はぶっちぎりで多いだろうなあ。


画像は、筋肉質栗丸。
クローゼットの上にぱたぱたを投げたら、すぐさま取りに走った。
瞳に野生が感じられます。
[PR]
by asa_39 | 2005-07-27 10:48 | 栗丸 | Comments(3)

雛菊の最近の趣味

c0015367_12251970.jpg


最近の雛菊、新たな趣味を見つけた様子。

もともとひなたんは趣味の少ないコですから、
ペットボトルのキャップのドリブルだけじゃ寂しいだろうと心配していたのだけど
どうやら杞憂に終わりました。

ええと。
水を飲んでいる虎太郎の尻尾で激しく遊びます。

いやがるこたさん、水を飲みつつも、尻尾をふりふり。
その様子に益々エキサイトするひなたん、
得意技である秒速3回のひなぎくパンチを繰り出しつつ
たまに、むしゃりと噛み付いてみたり。

これが面白いことに、栗丸も虎太郎の尻尾で遊ぶことがあります。
でも、雛菊と栗丸の尻尾は、お互い遊びの対象にはならないらしく
狙われるのはいつでも、こたさんの尻尾ばかり。

ぶっとくてふかふかで、多少噛んだり叩いたりしても
温厚なこたさんが怒りもせず、逃げもしないからでしょうか。

何はともあれ、仲良しでよかったよかった。


画像は、洗面台で虎太郎の尻尾とたわむれる雛菊。
こうしてみると、雛菊が細いせいもあるのだけど
虎太郎の尻尾は本当にぶっといなあと感心してしまいます。
[PR]
by asa_39 | 2005-07-26 12:31 | 雛菊 | Comments(0)
c0015367_1429574.jpg


週末は、創作意欲に燃え、最近つけてなかったこたひなまるの首輪作りに勤しむ。

丸井の手芸品売り場にて1時間ほど熟考の揚句
3匹それぞれに似合う(であろう)紐をそれぞれチョイス。
虎太郎は緑に銀糸。(瞳が緑だから)
栗丸は水色に銀糸。(こちらも瞳が水色だから)
雛菊は赤。(飼い主思い込み。)…と思ったら、横から彼が
『雛菊は紫も似合う。』と言ってきたので、半信半疑ながら、紫に金糸を購入。

上記画像は、虎太郎のモノ。
首輪を留めるボタンは、シルバーのスペード。
栗丸は、同じくシルバーのクローバー。
雛菊は、ゴールドのハート。
ダイヤがいない。



<飼い主、愛の首輪の作り方~初めてだから、愛で全てをカバー編~>

【1】各3メートルの紐を合わせて、4っつに折り、端っこに1本わっかを残して結ぶ。
c0015367_14324420.jpg

結ぶ作業中、手伝ってくれる栗丸。飼い主、威嚇。
威嚇したところで、逃げるようなコではありません。益々エキサイト。


c0015367_14334781.jpg

4っつに折る作業中、手伝ってくれる雛菊。雛菊には威嚇できない、へたれ飼い主。



【2】16本の紐を4っつに分けて、無限に4つ編み。フィッシュボーンと言うのでしたっけ?



【3】良いぐらいまで編めたら、サイズを調整。実際につけて頂く。
c0015367_15211188.jpg

まるでライダーがマフラーをたなびかせているような、こたひなまる。



【4】ジャストサイズの場所に、それぞれのボタンをつけて、端がほつれてこないように縫う。
c0015367_1523566.jpg




【5】完成。
c0015367_15242869.jpg





かかった時間は3本でおよそ2~3時間程。
かかった金額は1本380円(税込み)。
かかった愛情は無限です(結構疲れた)。

ちなみに、一番気に入っているのは、【殿カラー】の雛菊のもの。
雛菊のものは、彼が選んで、彼が作ったのですが
普段こういった作業をしない彼だけに、並々ならぬ愛を感じます。

そして、我が家では昨日は一日、ひなぎくを殿と呼んでいました。


結構楽しい作業だったので、壊れたらまた作ります。
お好みの色で好き勝手に作れたし、とても満足。
何も見ずに、かつ初めて作ったにしては上出来、と言うことで
いささか気分のでっかくなってる飼い主でございます。

余は満足じゃ。(殿・雛菊の気分で。)
[PR]
by asa_39 | 2005-07-25 15:34 | こたひなまる3匹 | Comments(0)

忙しさにかまけて、最近は何のトッピングもせずに
カリカリだけをあげていた我が家。

煮干やきびなご好きのぼっちゃんからは、文句を言われ
(コ憎たらしいことに、煮干がかかってないカリカリを見て、本当に文句を言う。)
雛菊の食は細くなり(これは言い過ぎ)
虎太郎はいつもと変わらない。

ああああー、ごめんね、猫たち。
特にぼっちゃん。
会社が終わって帰ってくると、もう薬局とかペットショップが閉まってるんだよ。
週末こそ!
週末こそ買ってきますから!
との公約を守り、飼い主、煮干ときびなごを大量に買ってきた。

その時の食事風景をどうぞ。


c0015367_1251836.jpg

早々に煮干を食べ終わったぼっちゃん、雛菊と虎太郎の様子をうかがう。
※奥の黒っぽい入れ物がぼっちゃんのもの。煮干だけキレイに食べた。



c0015367_1274838.jpg

虎太郎はガードが固いと判断したのか、雛菊の周りをぐるぐるとまわりだす。



c0015367_129159.jpg

ひなたん、それくれ。とばかりに、頭突っ込み作戦開始。



c0015367_12101081.jpg

乗っ取り成功。
虎太郎はすでに食べ終わっており、満足げにどこかへ消える。
食後のお水を飲む雛菊と、無心に煮干を食べる栗丸。



ターゲットが、雛菊から虎太郎に代わることもありますが、
家でよくある食事風景でございます。
[PR]
by asa_39 | 2005-07-24 12:14 | こたひなまる3匹 | Comments(3)

浴室に消えた虎太郎

c0015367_19572583.jpg


うちでは洗濯物を浴室に干す。
朝洗濯して、すぐに自宅を出るので外には干しておけない。
何時に帰れるかわからないし、雨が降っても困るから。

そんなわけで、帰宅すると、大抵すぐに洗濯物をたたむのだけど…。

虎太郎は、浴室が好きなので、なぜかついてくる。

そして、好き勝手に遊んでいる。
床に転がったり、洗顔料を尻尾で倒してみたり。

で、
つい先日、洗濯モノをたたみ終わって、ちょっと見渡してみたのだけど
虎太郎がいなくなっていた。
飼い主、たいして考えもせずに、リビングにでも戻ったかな。と
安心しシャワーを浴び始めた。

『にゃん』
こたさんの声。
なぜかこたさんの声がする。

…。
浴槽の中にいた。
よく見なかった私が悪いのだけど、
浴槽の中でごろごろしていたこたさんに全く気づいていなかった。

飼い主が気づいたことに気づいたこたさん、
浴槽の中でお腹を見せてふみふみをし始めた。

がわうぃ!!!
なんてがわうぃの!!!
飼い主、まっぱで身体は濡れているけど携帯を取りに走る。
すぐさま戻って写真撮影。

こたさんは、私がいない間もお腹を見せた状態で
ふみふみをして待っていてくれたらしい。

それが、本日の画像です。

この後、私がシャワーを浴び終わるまで
こたさんはごろごろごろごろしておりました。
[PR]
by asa_39 | 2005-07-23 21:34 | 虎太郎 | Comments(4)
c0015367_941276.jpg


栗丸、いつでもぱたぱたを持ってくる。

こちらが料理をしていても、髪を乾かしていても
掃除をしていても、人間の都合など、これっぽっちもお構いなしに
ぱたぱたを持ってきて、人間の足元に落とす。

うちの彼は割といつでも平常心な人なので、
ある程度遊んであげたら、後は無視できるらしいのだけど…。


『彼が投げてくれないなら、飼い主のところに持ってく。
 <私のもとへぱたぱた咥えて移動>
 うわああん!
 彼が投げてくれなかった!飼い主なげてえええ!
 <私、鉄の意志を持って、無視>
 えええー。飼い主も投げてくれないの?
 じゃあいいよ。彼のところに持ってくから。
 <再度、ぱたぱたを咥えて彼のもとへ移動>
 うわああああああん!!
 飼い主が投げてくれなかった!彼なげてえええええ!!』


と、
私と彼の間を、おもちゃを引きずりながら行ったり来たりする栗丸が
どうにもいじらしくて、けなげで、可愛くて、思わず投げてしまう。

でもさあ、ぼっちゃん。
料理してるときは、火を使ってるからね…。
ぶっちゃけ、危ないよね…。
だから、彼に遊んでもらいなさい。

などと言っても、ぼっちゃんには通じず。

仕方ないから、彼を呼んで栗丸と遊んでもらうお願いをする。
『だってこいつ、際限ないよ。散々遊んだんだよ。』
と、仕方なく渋々遊んであげる彼。

すみませぬ。
確かにぼっちゃんは際限がありませぬ。
おもちゃが出ている時間は、無限に遊んで攻撃をしてきます。

ひょっとすると、ぼっちゃんは人間の我慢強さを鍛えてくれているのかも。
だとしたら、もともと我慢弱い飼い主にはうってつけですね。
ありがとう、ぼっちゃん!


画像は、『これで遊んで。』と、持ってきたぼっちゃん。
あああああ、可愛い。
こんなに可愛くぱたぱたを持ってくるぼっちゃんを、なぜに無視できようか。
とは言え、やっぱり、料理をしているときはぜひ止めていただきたい。
[PR]
by asa_39 | 2005-07-22 09:18 | 栗丸 | Comments(0)