うちのねこ


by asa_39

<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

栗丸の、正解と不正解。

c0015367_1621533.jpg

自分のおもちゃで遊びつかれて、キャリーバッグで寛ぐ
我が家の末っ子栗丸ぼっちゃん。

うむ、これ、正解。

というか、正しい使い方。
栗丸、偉いね。
そうやって、虎太郎とどんどん入って見せて、
雛菊に『ココは怖くないよ』アピールをしてあげてね。


そして、下の画像ぼっちゃん。

ううむ…、これ、ギリギリ不正解。

虎太郎と追いかけっこ中に、どうやら『隠れて虎太郎をまちぶせ作戦』を
決行しているらしいのですが、ええと、あの、
真実を告げるのは大変心苦しいけれど、栗丸間違ってる。

だって、隠れてないもの。
丸見えだもの。
そりゃあ、こたさんだって、興ざめして、追いかけっこ止めちゃうよ。
栗丸は不満そうだったけれど、多分、こたさんの方がご不満だったと思われます。

↓ 不正解栗丸。


c0015367_1625155.jpg

[PR]
by asa_39 | 2005-09-30 16:26 | 栗丸 | Comments(0)

雛菊をとりまく病院環境

c0015367_112697.jpg

体調が悪く、1日おきに注射に通うことになっている雛菊。
飼い主、せっせと会社を早退し、一緒に病院へと足を運んでおります。

とは言え、
相変わらず飼い主の愛はこれっぽっちも通じることはなく、
予想はしていた事なのですが、雛菊が私を避けるようになってしまいました。

雛菊が家に来てから、早2年程。
その間にちょっとずつ、本当にちょっとずつ培った信頼関係が、
いともあっさり崩れていくのを感じました。嗚呼、辛い。

そんなびびった顔で私を見ないで、ひなたん。
病院に連れて行く以外は、いつもと同じ、優しい(はずの)飼い主でしょう?
つっても、やっぱり雛菊には通じない。

ので、
昨日の、【雛菊をキャリーバッグに詰め込み係】は
うちの彼に譲ることとし、私は徒歩2分ほどの駐車場まで車を取りに。
彼が、嫌われ担当を担えば良いのよね。うひひ。と。

病院では、他にも猫さんを連れてきていた人がいて、
『まー!この子の模様は鶉の卵みたいね~』などと言われ
『目がきれいなオレンジね~』と誉められ、
助手の方からは、
『ひなちゃん、今日もかわいいね』
と優しく抱っこされ、頭を撫でられ
そして、先生からは
『飼い主さん宅にいる猫3匹の中で、お前が一番かわいいー!』
と、顔を掴んでむちゅむちゅと熱いキッスを受け…。
あああ、この後ひなたんとちゅーをしたら、
先生と間接キッスになってしまう。キケン。

こんな感じで、みんなに可愛がられたものの
やっぱり雛菊的に、病院は(と言うか、家から出ることは)大キライみたいです。


画像は、可愛らしすぎて、飼い主が悶絶してしまう雛菊。
どちらにするか選べなかったので、上と下に二枚貼っておきましょう。
やばい、ほんと、ぎゃわうぃ。

c0015367_1215314.jpg

[PR]
by asa_39 | 2005-09-29 12:15 | 雛菊 | Comments(2)

虎太郎のアイライン

c0015367_17214793.jpg


ネコの模様は、とても不思議だ。

なぜにどうなってこのような模様ができあがるのか、と
うっとりすることすらある。

虎太郎に関して言うと、中途半端な虎柄も魅力的。
まあ、中途半端というか、今にも消えそうなか細い線というか、
年をとったら確実に虎じゃなくてぐちゃぐちゃ模様になるあというか。

そんな中、頑張っている虎太郎のアイライン。

普段はたいして意識せずに見ているけれど
ひとたび気になりだすと、天然のアイラインに見とれてしまう。

なぜに、どうして、ここに、この太さで、そしてくっきりと。

アイラインに意味があるかどうかはわからないけれど、
こたさんは男の子なのに、ずいぶんとおしゃれさんだねえと思うわけです。

そういえば、実家猫の恭兵さんにもアイラインがくっきりとついていて
『恭くんのアイラインはいつ見てもすごいわねえ』と
母親がよく感心していたことが思い出されます。

確かに、すごい。
とは言え、真似はしたくない。

こんな、目をぐるりっちょ、と囲むアイライン。
猫だから可愛いけれど、人間だったら、
大変なことになるんじゃないかなあと思ってしまう、
飼い主@アイラインは上まつげの際に激細で。で、ございます。
[PR]
by asa_39 | 2005-09-28 17:28 | 虎太郎 | Comments(0)
c0015367_17504786.jpg


ココのところ、ぐっと寒くなりましたね。

つい先日も、タオルケットを洗濯し、乾燥機へぽいっと。
乾燥終了直後のタオルケットときたら、それはもう、ほかほかです。
たたんでベッドへ乗せておくと…。

ほどなくして、我が家のはげ丸こと、栗丸ぼっちゃんが寝ておりました。

ぼっちゃん…。
ほかほかが良いのかい。
キミはあまり毛が抜けないから別に良いけど、
そのタオルケットは洗濯したばかりだって、知っているのかい。

秋から春にかけて常備している猫用こたつ『こはる日和』を
そろそろ出さなくてはいけない季節になったのかもしれません。

週末にでも出してあげるから、いましばし待っててね、ぼっちゃん。

上画像、ほかほかで寛ぐ栗丸ぼっちゃん。
下画像、ほかほかで寛ぐ栗丸ぼっちゃんと、暑がりナンバーワン虎太郎さん。

c0015367_17581640.jpg

[PR]
by asa_39 | 2005-09-27 17:58 | 栗丸 | Comments(0)
c0015367_1659430.jpg


こたひなまる、の名前が入ったメールアドレスが欲しくて仕方なかったため
kotahinamaru@gmail.comを作成しました。

何でも『こたひなまる』ってついてるだけで、にやにやできるのだから
私と来たら安上がりな飼い主です。

こたひなまるとメールができれば、もう言うことは無いのにな。


画像はちょっと前のものですが、飼い主お気に入りの1枚なので、ぺたりと。
3匹の顔がちゃんと見える画像は珍しいのです。
[PR]
by asa_39 | 2005-09-26 17:09 | MAILはコチラ。 | Comments(4)
雛菊の(とりあえず)2週間病院通いが決定したことで
飼い主たちは考えた。

今ある、キャリーバッグは2個とも布のふにゃふにゃしたヤツ。
猫を入れるのも一苦労。
頻繁に病院に通うのなら、もっとしっかりしたヤツを購入しよう!と。

で、買ってきたのが、コレ。↓
c0015367_13424390.jpg

…。
あら?
あらら。
説明書には、8キロまで対応って書いてあったのに。
あれれれ。
はみ出てる…?


別の角度から見てみよう。
c0015367_13435342.jpg

…。
うむ、はみ出てる。
栗丸が『こたさん、はみ出てますけどー。』とでも言っているよう。


c0015367_1344591.jpg

ダメだしする栗丸。
と、はみ出てることに気づかずご機嫌に尻尾を振る虎太郎。


c0015367_1346060.jpg

出てきた。
ちょっと寂しげなのは、もしや気づいてしまったせいか。


で、
虎太郎と栗丸が新しいキャリーバッグを堪能している間、
主役はナニをしていたかと言うと、遠巻きに眺めていただけ。

最終的には、恐る恐る近づいてきては見たけれど
入っちゃくれませんでした。
c0015367_13474122.jpg

警戒しながらあたりを観察するのみ。


コレ、一度でも使っちゃうと、雛菊はバッグを出す気配のみで逃げ出すからな。
とりあえずコレは、ふにゃふにゃしないので
常に外に出して、遊ばせておくことにします。

ほ~ら、怖くないよ~。
[PR]
by asa_39 | 2005-09-25 13:52 | こたひなまる3匹 | Comments(10)
c0015367_15411930.jpg


今日は、雛菊、病院の日。

キャリーバッグを出す前から、いち早く気配を察知した賢い雛菊、
まだ何もしていないのに、逃げ惑う。
賢いは賢いで、不安が多くて大変ですね。

そんな雛菊を無理やり捕まえ、病院へ。
毎度言ってもわかってもらえてないけど、これもひなたんのためなのよ…。

病院では、血液検査を実施していただく。

肝機能の数値が、前回より悪くなっているそうな。
血糖値は、若干回復…?
いずれにしても、全く良くなっていないことに変わりなし。

ああああ、ひなたん…。
お薬を飲ませてあげても、しばらくすると、口からどべーっと出してしまう雛菊。
これは、すべて飼い主が悪いのだけど、お薬が効いていない様子。
口から出しちゃうんじゃあ、効くものも効かないよね、
飲ませ方がへたくそで、ごめんね、雛菊。
ストレスだけを与えてしまったことに、反省。

とりあえず、お薬と言う選択肢はこの際消えて
『5日間入院させて集中治療をする』か、
『2週間1日おきに注射に通いつづける』か、
どちらの治療にしましょうか、と聞かれる。

飼い主、通院を選ぶ。

雛菊がいなくなると、虎太郎と栗丸が雛菊を探し回るし
雛菊自身もストレスになるのではないか、と考えて。

1日おきに会社を早退することになってしまうけれど、仕方ない。
それで激しく文句を言われるような会社ならば、
辞めることになったとしても、それはそれで仕方ない。
って、文句言われるような会社ではないはずですが。

そして、本当は、ご心配いただいた方たちに
良いご報告をさせていただきたかったのですが、残念です。

2週間後には、今度こそ、少しでも良くなってますように。

一緒に頑張ろうね、雛菊。
(などと、雛菊に優しく話し掛けてみても、
今現在病院から帰った直後のため、激しく嫌われております…よよよ。)
[PR]
by asa_39 | 2005-09-24 16:10 | 雛菊 | Comments(12)
こたひなまるにプレゼントが届いたよで届いたプレゼントは、実はもう一つありました。

それが、Catellite、またたび入りボールです。

早速見つけた虎太郎は、こんな↓



c0015367_16115156.jpg

ふんふんふん。なにこれ。



c0015367_1685531.jpg

またたびっ!



c0015367_1693629.jpg

またたびーっ!



c0015367_16102138.jpg

またたび、すきだーーー!


気に入ったご様子です。

その後も、茶色ぽい粉を床中にばらまいて遊んでおりますので
本猫的に、ヒット商品だったものと思われます。
ああ、よかった。

雛菊と栗丸は(虎太郎が独り占めしていることもあり)
それ程興味を示しません。
もともとあまりまたたびには反応しないしな。

ええと、何でしたっけ?めす猫と子猫は反応が鈍いんでしたっけ?
栗丸ぼっちゃん、もう2歳過ぎてるんだけど…。



ちなみに、今回、ポイントプレゼントをお送りいただいたお店は
ペッツデポタウンさんと言いまして、私がいつもいろいろと猫グッズを購入しているお店です。
リッターメイド(猫の自動トイレ)や、フレッシュフロー、猫砂等々
重いものを頼むときは、こちらのお店に限ります。
対応も大変丁寧にしてくださるので、飼い主はいつも大満足です。
[PR]
by asa_39 | 2005-09-23 16:26 | 虎太郎 | Comments(0)
c0015367_1105270.jpg


箱に入った栗丸シリーズ、第六弾。
最近は、このでっかいダンボールがお気に入りで、
ここにおもちゃを持ち込んでは、ガサゴソと楽しく遊んでいます。


最近、涼しくなってきましたね。

我が家の『はげ丸』こと、栗丸ぼっちゃんも
元来の寒がりゆえ、気付くと飼い主の腹と腕の間に
むりむりと入ってきては、ぎゅむっと寝ております。

それはそれで可愛いから良いのですが、
身動きが取れないのが辛いのと、
脇の下に顔をぐいぐい押し付けて眠るのはなんとかならないものか。

脇の下の匂いとか、足の匂いが、母猫の母乳の匂いに似ているとかで
猫が好むと聞いたことがありますが、
やられる飼い主としては、なんていうか、なんとも。
そして、一体どんな匂いなんですか、猫の母乳ったら。

とは言え、栗丸が彼にくっついて眠ることはほぼ皆無なので
栗丸なりに好みの匂いがあるのかもしれないですね。

虎太郎は、私よりも、彼の足の匂いの方が好きみたいだしな。

栗丸に負けず劣らず寒がりの飼い主は、
冬はキライだけど、猫と一緒に眠れるのは幸せだにゃー!
と、思う次第でございます。
[PR]
by asa_39 | 2005-09-22 11:17 | 栗丸 | Comments(0)
c0015367_10281388.jpg


雛菊は、滅多に鳴かない。

虎太郎は、なんだかんだと結構鳴いているし、
栗丸は、いつでも何かしら鳴いているのでアレなのだけど、
そんな中、雛菊はよっぽどのことがないと、あまり鳴かない。

なのに、今朝は、雛菊語を自在に操り、一生懸命おしゃべりをしていた。

『ぐるぎゃ!ぶるるぶるる!ぐるるぎゃ!ぶるにゃ!』

文字にしてみると、ほんと、こんな感じ。

遊ぶとき、機嫌の良い時、嬉しい時、こんな音で鳴く雛菊。

声が小さいし、聞いたことのないような声質をしているので
たまに何かしらアピールされるととても嬉しい。

そう言えば、キャットシッターさんにも
『ひなちゃんは、ひな語(?)を使っておしゃべりしてました。珍しい声。』
と言うようなことをかかれたことがある。
たくさんの猫を相手にしているシッターさんにも
珍しがられるのだから、やっぱりあまり聞かないような声(と言葉)なのだろう。

おけっつをぷりぷり降りながら、後ろ足で足踏みして
こちらを見つめて雛菊語で語られると、
それだけで飼い主はめろめろめろめろしてしまうのです。

相手が栗丸だと、また鳴いてるよ、とたいして気にも留めなくなるのだから
『アピールはここぞと言うときに』実践するのが効果的なんだなあと
しみじみと思ってしまうのでした。

ああ、でも、『下手な鉄砲数打ちゃあたる』と言う言葉もありますね。
ううむ、奥が深い。
[PR]
by asa_39 | 2005-09-21 10:46 | 雛菊 | Comments(2)