うちのねこ


by asa_39

お手伝い栗丸

c0015367_12584314.jpg

年賀状印刷の為、
いろいろあってプリンターを新調。

で、
新しいプリンターのセットアップを始めたところ
わらわらと猫たちが集まってきて手伝ってくれた。

早速駆けつけた栗丸、箱に入って彼なりにチェック。

まるで、
『異常がないかちぇきってます!』
と、言わんばかりの得意気な顔だけど
うん、あのね、栗丸さん。
きみにこんな事を言うのは酷かもしれないけど…。

じゃまですから。
[PR]
# by asa_39 | 2004-12-23 12:58 | 栗丸 | Comments(0)
c0015367_1651165.jpg


朝、私が会社に出かける頃、ご飯を食べて一遊びした後の猫たち3匹は
それぞれ思い思いの場所で毛づくろいをしたり、朝寝を楽しんだりしている。

虎太郎と栗丸を見ても、何も思わないのだけれど、
本当に気持ちよさそうに日光浴をしながら、ソファと毛布をつかって
うとうとごろごろとしている雛菊を見ると、
無性に会社を休んで一生家にいたくなってしまう。

それぐらい気持ちよさそうに、幸せそうに、朝寝を楽しんでいるひなたんだけど、
朝湯はしないし、朝酒もしないので、身上をつぶすことはない。

猫って良いな。
寒くても暑くてもお外にいかなくて済むし、
好きなときに寝て、おいしいものを食べて、具合が悪くなれば、
どんなに嫌がっても強制的に病院へ連行される。

猫って、良い…かな…?
[PR]
# by asa_39 | 2004-12-22 16:54 | 雛菊 | Comments(0)
c0015367_16442856.jpg


栗丸が普段好んで居座っているのが、キャットタワーの最上階。

ここは、床からおよそ2メートルぐらいに位置する場所についていて、
2段ジャンプをしないと登ることはできない。

だのに、ソフトマッチョスーパースポーツマン栗丸坊ちゃんは、
家に貰われてきて、1週間の内に登りきったように記憶している。

その頃は、まだ、虎太郎と雛菊の追いかけっこについていくことができずに、
2匹がダダダーっと走り去った幻影に向かってジャンプをかますような、
そんなどんくさい、ヨチヨチ野郎だったのに関わらず、
キャットタワーにはなぜか登れた。

身体が大きくなって、キャットタワーからはみ出すようになっても
相変わらず最上階がお気に入り。
ただ、身体が大きいがため、手と足をなんとか重ねて折りたたんで
乗っているので、写真で見ると、何が何足なのか皆目見当が。

そして、表情がそこはかとなく、しょぼい。
[PR]
# by asa_39 | 2004-12-22 16:50 | 栗丸 | Comments(0)
c0015367_16313696.jpg


思えば虎太郎は、家に来た初日から物怖じすることなく、ベッドで一緒に寝ていた。

生後約6ヶ月で、家に貰われてきた虎太郎。

その頃すでに、6ヶ月とは言えないような体重と体格をしていて、
身体は今現在の栗丸と同じぐらいの大きさがあったし、
今現在の雛菊よりもはるかに重かった。

体格も性格も堂々としていた虎太郎は、
とにかく枕で寝ることがすきで仕方がないらしい。

虎太郎が捨てられていて、保護した人は、保護当時
布団の上では一緒に寝るけど、枕には寝ない、と言っていた。

家にきてから、お気に入りの場所の一つに、枕が追加されたらしい。

虎太郎が初めて家にきてから、枕は2度ほど変わっているけど、
彼の寝る位置は、枕の上から変わりません。

それは良いけど、虎太郎は、私の頭も枕と同類だと思っているらしく
かなり自由奔放に寝ているので、私は苦しい姿勢で寝ることが多いです。
ううむ、寝違え。
[PR]
# by asa_39 | 2004-12-22 16:39 | 虎太郎 | Comments(0)

雛菊のすきなこと・1

c0015367_16263915.jpg


他の2匹はそうでもないけど、雛菊は牛乳がだいすき。

普段はあまり飲ませたりはしないけど、たまに猫用牛乳(成猫用)を買ってきて
飲ませてあげています。

で、雛菊はあまり食べ物に執着しない猫さんで、
飼い主としてはもっと執着してたくさん食べて太ってちょ!と思うのですが、
とにかくあまり頓着いたしません。

でも、牛乳となると話は別。
牛乳パックを振ってアピールしようものなら、
ものすごい勢いで走ってきて、期待に満ち満ちた目でこちらを見上げます。
[PR]
# by asa_39 | 2004-12-21 16:30 | 雛菊 | Comments(0)