うちのねこ


by asa_39
c0015367_10473524.jpg

この画像。

一体何が何やらわからない人が多いと思いますが
私が通う会社の、喫煙所(非常階段・外)から見た風景です。

で、別に意味も無くこんな風景(しかもゴミゴミしてるし)を
撮影したわけではございません。

では、ズームイン!
















c0015367_10525560.jpg

寝てるよ!

私が通常猫の撮影に使っている携帯電話では
これが限界でしたので、若干解りづらいとは思いますが
茶白猫さんが、優雅にお昼寝中でいらっしゃいました。


会社の近所は、猫が多いです。

そして、会社の入っているビルは21時になると表のシャッターが閉まり
鍵を持っている人しか入館できなくなってしまうのですが
その、シャッター閉め係のおばあちゃん(ビルオーナーのお母さん)に話し掛けると
1時間以上にわたって、ありがたい猫のお話を伺えます。


・自分の家で飼っている猫3匹の話
・外でえさをあげている猫たちの話
・「だいちゃん」の獣医に外猫を診てもらってる話
(だいちゃんとは、会社の近所にあるペットショップです。後から知った。)
・外にいる猫は、自分が避妊した話
・家に入れたいけど、大暴れするから入れれない話
・隣近所のちょっとした噂話(名前を言われるけど、一体誰だかわかりません。)


こんな感じの話を、1時間で3回ぐらい繰り返しお話いただけます。

私と同じ会社に通っている方で、
こたひなまるをご愛読いただいている【ねこ部】の方は
一度話し掛けてみてはいかがでしょうか?

私は帰宅時間が大幅に遅くなりますので、1度で懲りましたけど…。


ちなみに、この画像の猫ではなく、いつも駐車場にいる
キジトラ猫の名前は【チャコちゃん】だそうです。

家のお隣さんのわんこと同じ名前です。
[PR]
# by asa_39 | 2005-09-01 11:07 | 他の動物 | Comments(2)
c0015367_9461123.jpg


滅多に猫を叱らない、フリーダムな我が家ですが
どうしてもやってはいけない事がございます。

それは、【キッチンの流しあたりに乗ってはいけない】ということ。

以前も書いたような気がしますが、
そのあたりはガスコンロがありまして、
火を使った直後は大変な熱さになるのです。

猫たちの可愛らしい肉球が、やけどでもしようものなら
飼い主はめまいを起こしてぶっ倒れてしまいますので、
これだけは乗ってはいけない!と、厳しく叱ります。

叱り方としては、こう、顎部分を持って、目を合わせ
『オイコラ。何をしているのだ!乗っちゃダメって言ってるでしょ』
などと言うのだけど、果たして効果があるのかは不明。
叩いたりはしたくないので、まあ、気長に躾ます。


そして、つい先日のこと。


栗丸が、またもやキッチンに乗っていた。
そーっと近づく飼い主。
気配にいち早く気付いて、逃げる栗丸。
追う飼い主。
ダンボールに逃げ込んだ栗丸。ばかめ。
小さくなって、耳を倒す栗丸の顎を(顔か?)掴んで
『オイコラ。何回注意すれば覚えるのだ。ダメって言ってるでしょ。』
とか何とか、ちょっと凄んでみる。
栗丸、目がうるうる。
セリフをつけるなら『しゅみましぇーん』って感じ。

そこへ、虎太郎登場。
こちらが叱っているというのに、こともあろうか栗丸を舐めだした。
飼い主、栗丸の顔を掴んだ手を離すことも忘れる。
すぐさま、栗丸の喉がなりだす。
ぐるるん、ぐるるん、ぐるるん…。
ずいぶん軽快だな、オイ。

あああ、もうだめだ。
栗丸ったら、反省気分は一切残ってなさそう。
虎太郎のばかばかばかばか!
そんなところで、甘やかすんじゃありません。

飼い主のそんな心配をよそに、虎太郎は舐めつづけ、栗丸は喉を鳴らす。

ああ、ほんっと意味無い。
[PR]
# by asa_39 | 2005-08-31 09:49 | 虎太郎と栗丸 | Comments(2)
c0015367_11494778.jpg


ここ2,3日は、朝晩涼しいので、窓を開けていることが多い。

窓際が好きな雛菊は、とても嬉しそうだ。

夜になれば、虫が窓辺に集まってくるので、その虫を追うのも楽しそう。

そして、昨夜。
リビングにてまったりとしていた飼い主の耳に、彼の声が。
『ひな!ひなぎく!だめだよ、だめ。』
飼い主、思わず反応。

飼:『どうしたの、ひなたん、悪いことしたの。』
彼:『網戸に爪をかけて虫を叩くから。網戸に穴が開くよ。』
飼:『えええー!そんなの、網戸に多少穴が開いたら、張り替えれば良いじゃん』
彼:『…は…?』
飼:『せっかく雛菊が楽しんでるのに、止めろなんて言わないで~』
彼:『…セ…セレブ…』

家の網戸は、枠がとても頑丈に出来ている為
ちょっとやそっと猫が遊んだところで枠自体はビクともしないのです。
まあ、網部分はね…。
頑丈に出来ているとはいえ、ずーっと爪かけてたら、ちょっとは穴が開くかもね…。

でも、とっても楽しそうにしていたのです。
目もお鼻もピカピカして、表情は真剣そのもの。
そんなひなたんを止めたくなかった…!

と、言うわけで、彼に驚愕されながらも、
私のセレブ度だけはうなぎ登り。


画像は、窓際でくつろぐ雛菊。
雛菊は本当に窓際がすきで、よくここでまったりしています。
[PR]
# by asa_39 | 2005-08-30 12:25 | 雛菊 | Comments(0)
c0015367_14505168.jpg


人には、“好み”と言うものがあるのです。

私は、大抵の猫であれば『ぎゃわうぃぃぃぃー』と、メロメロになれる自信はありますが
それでも、やっぱり『強いていえば…』と言う感じで、好みがあるのです。
性格は特にこだわらず、見た目だけの好みのお話です。


身体の大きな猫がすきです。

肉球がでっかくて、腕もぶっとくて、頭なんて丸くてでっかい。

そして、抱っこなんてしようものなら、ずっしりと重くて
『ああ、私今、抱っこしてる…至福…。』と思えるぐらい大きいのが良いです。

色柄的には、グレー地に虎柄がグッドです。

尻尾は長い尻尾が好きです。

瞳の色は緑が好きです。

とか、色々と特徴をあげていくと、生まれて初めて一緒に暮らした猫さん
今は亡き恭兵さんが、そのまんまで浮かんでくるのです。
これは、アレでしょうか。
生まれたばかりのカモなんかが、初めて見たモノを親と思う。と言う
刷り込みと同じなのでしょうか。

そんなわけで、見た目だけを考えると、我が家の虎太郎は
私の好みにドンピシャ、と言うことになります。


でもね、飼ってしまえばね。
どんな猫でもスペシャルにかわいいと思います。
実際、雛菊も栗丸も、ありえないぐらいかわいいフェロモンを
飼い主にむけてビシバシ送ってきますから。

3匹のかわいいフェロモンを受けて、私ときたら、いつも正気じゃありません。
今日もお家に帰ったら、猫と目が合うたびに
『がわうぃぃぃ!!』を、連発することと思います。


画像は、頭でっかち虎太郎。
現在8キロほどまで育ち、益々重量級。
でも、デブじゃないですよ。(少なくとも私の中では。)
[PR]
# by asa_39 | 2005-08-29 19:35 | 虎太郎 | Comments(0)

災難続きの栗丸

c0015367_1046240.jpg


以前にも増して、内弁慶の栗丸ぼっちゃん。

飼い主たちが旅行中も、慣れない
(とは言え、こたひなは慣れている。栗丸がいつまでも覚えないだけ。)
シッターさんと5日ほどを過ごして、
未だ緊張感が続いているのか、ちょっとおどおどしている。

そんな緊張感が続いているところに、昨日の出来事です。

まずは朝一で宅配便が届く。
マンションの入り口、そして玄関で、2度鳴るピンポン。
ピンポン=誰か来る!と覚えているため
恐怖のあまり大慌てで隠れる栗丸ぼっちゃん。

ようやく出てきたのは、その後およそ15分。
一体どこに隠れていたのか。

その後、ここ何ヶ月も洗っていなかった猫たちを、彼と一緒に洗う。
毛がぱさついてきたし、なんか触り心地が…。
とか、夏だから、とか理由をつけてお風呂場へ。

鳴き喚くぼっちゃんを洗う彼。
鳴き喚くだけで暴れるわけじゃないので、放置で洗いつづけてましたが。
ちなみに私は雛菊と、なんとなく虎太郎を洗いました。
洗い終わって、毛づくろいにいそしみぐったりする栗丸。
疲れたんだよね、ゆっくりお休み。

と、
まったりする暇もなく、午後から消防点検の人が!

家の中に入ってくる消防点検の業者の方を見て逃げ惑う栗丸。
そして、同じく逃げ惑う、男の人が苦手な虎太郎。

その後は、さほど心配もせず、消防点検が終わった後も
猫たちを放置していたのですが、ほどなく寝室から聞いたことのない声が。

それは、栗丸の声。

『あああああああーーーーぉぅん!あああああああーーーーぉぅん!』

文字にすると、多分こんな感じ。

度重なる恐怖とストレスに耐え切れなくなったぼっちゃんが
ついに恐怖の抗議鳴きをしだしたらしい。

飼い主一目散に寝室へ。
抱っこすると、珍しくおとなしく抱かれている栗丸。

ごめんね、ぼっちゃん。
怖かったよね。
でもねえ、どうしてキミはそんなに怖がりなのだい?
家の中には、栗丸を攻撃する生き物は誰もいないよ。
しかも、そんな人がきても、家には入れないよ。

とは言え、甘やかされて育っただけに、
彼の内弁慶はとどまる所を知らない。



画像は、隠れてる栗丸。
この後聞いたことのない声で、鳴きだした。
でも、夜には、飼い主から『キミら、近所迷惑ですから!』と
注意を受けるぐらい激しく、虎太郎とおいかけっこをしていたので安心です。
[PR]
# by asa_39 | 2005-08-28 11:11 | 栗丸 | Comments(2)