うちのねこ


by asa_39

甘茶の夜

c0015367_22032058.jpeg

幼児も赤子も寝たあとの、心安らぐ甘茶の時間。

赤子はまだしも、幼児がいたら箱にはいって悠長にしてられないもんね。

それにしても、幼児が産まれてもうすぐ3年。
3年経っても慣れないのか、甘茶。
慣れて触らせるようになった頃には甘茶の寿命がきそうだな…。





[PR]
by asa_39 | 2016-08-17 22:02 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)

紅花、鳴く

c0015367_21213962.jpeg

いーっつも鳴いてる紅花。

飼い主がようやく赤子を寝かして、和室からリビングに出た瞬間にニャー!!!
脳天に響く声でニャー!!!

たまにそれで赤子が起きてしまって殺意わくよね…。
もう、そんなに鳴くならべにべにが寝かしつけしてよね!とか思うよね…。
起こした責任とってよね!とか、思うよね。





[PR]
by asa_39 | 2016-08-07 21:21 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)

虎太郎、寛ぐ

c0015367_23140347.jpeg

寛ぎついでに、いろんな所によだれをつけてまわる虎太郎。

ちょっと…。
虎太郎や…。
うちの中アルコール消毒してもしてもよだれだらけなんですけど…。

赤子がハイハイやら伝い歩きやらするようになって
縦横無尽にうちの中を動き回って舐めまくるから、よだれ放置できぬ。
ぐぬー。
いちいちめんどくさい…。





[PR]
by asa_39 | 2016-08-06 23:12 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)

紅花と赤子

c0015367_12393135.jpeg

赤子を見守る紅花。

たまに赤子が、ちらっと後ろを向いて紅花にちょっかいかけてみたり
紅花が赤子の背中をちょいちょいしたりしている。

紅花は本当に優しいね。
気に入らない猫にはあんなに厳しいのにね。





[PR]
by asa_39 | 2016-08-02 12:39 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)

虎太郎と赤子

c0015367_09561431.jpeg

赤子のおもちゃになる虎太郎。

捕まれても、引っ張られても気にしない。
なんなら、起き上がって親愛の頭突きをする始末。
本当に優しいねえ…。

しかし、虎太郎は相変わらず少量のよだれがあるから
虎太郎触ったあとの赤子は手をきっちり消毒しないといけなくて若干面倒。





[PR]
by asa_39 | 2016-07-09 09:55 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)

甘茶と赤子

c0015367_12230913.jpeg

そろりそろりと近くを歩いていたのだが、赤子に声をかけられ
うっかり振り向いてしまった甘茶の図。

関わりたくないのです、と言う空気が全身から出ている甘茶。

赤子に限らず、未だ幼児にも近寄らないからな。





[PR]
by asa_39 | 2016-07-05 12:22 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)

紅花、見守る

c0015367_15323186.jpeg

泣き喚く赤子を高見から見守る紅花。

飼い主、豆を茹でていて手が離せなかったんだけど
赤子が泣き喚いている間中、紅花はニャ…ニャ!と鳴き続けていた。

知ってる。
赤子が泣いてるのは知ってます。
教えてもらわなくてもちゃんと知ってます。





[PR]
by asa_39 | 2016-05-23 15:32 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(2)

紅花と赤子

c0015367_09195784.jpeg

赤子を見守る紅花。

相変わらず紅花は、猫には厳しいけど人間には優しい猫だなあ。
赤子はまだいろいろわかってないけど、最近は猫を目で追ったりしてるし
そのうち幼児のように紅花と仲良くなるかもしれない。





[PR]
by asa_39 | 2016-04-28 09:19 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)

栗丸、赤子に近づく

c0015367_15122609.jpeg

赤子に初接近した栗丸。

幼児の事は若干苦手だけど、赤子はそんなにうるさくないから平気らしい。
においを確かめて去っていったけど、危険は無いってわかったかな。





[PR]
by asa_39 | 2016-03-10 15:11 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)

紅花、赤子が気になる

c0015367_19232695.jpeg

泣いてる赤子が気になる紅花。
近くに行きたいけど、新入りに近づいていいのか戸惑うの図。

ちなみに本日、幼児の友達がきて、猫ちゃん!猫ちゃん!と騒いでいたが
それに気を良くした幼児が「うちの猫見せてやるぜ」ぐらいにドヤって
紅花を頑張って抱っこしてたけど、おとなしく抱っこされていた。
優しい。






[PR]
by asa_39 | 2016-02-07 19:22 | こたべにまるちゃ091108以降 | Comments(0)