人気ブログランキング |

栗丸について・3

c0015367_23455958.jpg


その後の栗丸。

家にきて2日目には、博愛主義の虎太郎から
べろべろと毛づくろいの洗礼を受け、すっかり虎太郎の虜に。

気づけは虎太郎に甘えて眠る。

また、舐めて欲しくなると、虎太郎のあごの下に顔を突っ込むと言う技をあみ出す。

では雛菊との仲が悪いのかと言うと、そんなことはなく、
身軽な雛菊を遊び相手にして、日夜わが身の鍛錬を怠らない。

雛菊も、自分の2倍~3倍のウエイトを誇る虎太郎よりも
むしろちびの栗丸の方が遊んでいて楽しそう。

また、虎太郎も雛菊も、栗丸に対して何を思っているのかはわからないが、
かなり親切に接しており、これには私も思わず感心してしまう。

おもちゃを取られても怒らず、当然のように譲ってあげる。
舐めてと言われれば、自分が爆睡していても、寝ぼけつつ舐めてあげる。
虎太郎や雛菊が、私に寄り添って眠っていても、
その隙間に無理やり身体を入れて踏みつけて眠っても怒らない。

あれは何なのだろう。
猫界にも、子供にはやさしく、というルールのようなものがあるのか。


画像は、虎太郎にすがって眠る栗丸。
栗丸は、未だに私に対してもこのように首に腕をまわして眠るのだけど、
それにしても、こたさん、く…首の角度が…。
寝違え。
by asa_39 | 2004-12-30 00:05 | 次に -栗丸との出会い- | Comments(0)