人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

3匹への思いと、同僚の犬。

c0015367_161436.jpg


会社の同僚の女の子が昨日から元気が無い。
同僚と言っても、彼女は私よりも10歳年下だし、同期でもないため
それ程仲が良いと言うわけではないけど
いつも元気な彼女が、しょぼりしているのが心配になって
たまたまトイレで会ったのを良い機会に、声をかけてみた。

飼ってた犬が昨日亡くなったのだ、と言う。

自分の人生の半分以上を一緒に過ごしてきた犬に腫瘍が出来て、
年齢的体力的にも今やっておかなくてはいずれ死んでしまうというので
どうしても助けてあげたい、と手術をお願いしたところ
手術が終わった直後に亡くなったのだ、と言う。

彼女は、
『最期を看取ってあげられなかった。』
『元気になってほしくて、手術をお願いしたのに、まさか死ぬとは。』
『仕事をしていても手は動いているけど、頭では犬のことばかり考えてしまう。』
そう、私に訴えた。

話を聞いているうちに、自分の事ではないのに泣けて仕方がなく
それまで泣いていなかった彼女も、
私が泣きながら『辛いね』と言ったら
『本当に、どうしていいのかわからないぐらい辛いんです』
と、泣いた。

ペットと一緒に暮らしていれば、いつかは誰でも通る道なのだと思う。

思うけど、あの辛さが尋常じゃないのもわかっている。

私だって、10年以上一緒に暮らした猫が亡くなったときは
どうして良いのかわからないぐらい落ち込み、泣きまくった。
その猫が亡くなって、もうすぐ3年経つけれど
未だに今回のような話を聞くと、いろいろ思い出して同調し
そして自分で自分の涙腺をコントロールできなくなってしまう。

せめて。
せめて、家の猫たちは、限界まで長生きしてほしい。
どこが限界なのかは、その時になってみないとわからないけれど
限界まで、元気に安心して暮らしてほしい。
そして、亡くなるその時まで、私は3匹を甘やかしたい。

3匹を思うと同時に、同僚の女の子が無理をしないと良いなと思う。
無理せず、元気になってくれれば。
Commented by マーガレット at 2005-05-12 19:47 x
私は覚悟しています。
犬をなくした時、あまりの悲しさに、
二度と生き物は飼わない、と思ったのですが
なくした悲しみを私が受け持てばいいや、と考えて
猫の里親にさせてもらいました。なので、
怖がらず、皆を受け止めようと思っています。そう
思わなければ、こんちくしょうな私は、生き物と
暮らせないです。
Commented by あれい at 2005-05-13 02:15 x
覚悟..私もしています。
でも、亡くした時はやっぱり目が腐るほど泣きます。
飼った以上は、誰もが覚悟をしなければいけないんですよね、辛いですけど(保健所に持ち込む奴は人じゃない)

だから、そうでさんの言う様に、その日まで...楽しい日々を味合わせてあげたいですね。
涙腺がすっかり緩み..私は雑誌の記事でも泣けてしまいます。
その彼女は、悲しいのと悔しいのとで一杯なんでしょうね。
落ち着いたら、またワンちゃんを飼う気になれれば良いですね。
Commented by うみうし at 2005-05-13 09:59 x
同僚の彼女、いっしょに泣いてくれるひとがいてずいぶん楽になった
のではないでしょうか。
泣けるとともにすこしほっともしました。そばに、気持ちのわかってくれるひとが
いてくれてよかった、です。
覚悟。あたしはたぶん、できてません(苦笑)。
口ではいえても、どうせろくでもない脳みそが受け容れられないに
決まっている……。
ただ、訣れのその日まで、相手を誠実に想っていけたら、とは思っています。
それは猫に対しても、人間に対しても。

彼女がゆっくりすこしずつ、傷んだ心を快復させていけますように。
Commented by asa_39 at 2005-05-13 10:04
>マーガレットさま
覚悟、そうですね、私もあります。
私が恭兵を亡くした時は、心の支えとなる猫(相棒?)のいない生活って
なんて虚しくて寂しいのだろう、と。亡くなるのは本当に辛いけど
それを補って余りあるものをもらえるので、そう言う意味でも
虎太郎の里親になることを決めました。
でも、やっぱり頭のどこかに“いつかは私より先に死ぬのだ”と言う
意識があります。私は、そう心構えをしておかなくては
生き物と暮らせないです。

>あれいさま
初めて猫を飼ったときは、その認識(いつか死ぬ事)が甘く
ショックも大きかったですが、その時以上に今は猫との繋がりが強いので
どのこが亡くなっても、また大きなショックを味わうと思います。
保健所に持ち込む人の気は知れないですよね。
どんなに考えても、私の頭では理解ができない行動です。
涙腺…緩みっぱなしですよ~。
ちょっとしたサイトの一文だけで泣けることがあって
自分でも『おいおい大丈夫かい?』と思うことが。
ストレスが発散されて良いのかもしれませんが…。
彼女は『自分自身が、生きているのか理解できない』とも言っていましたが
落ち着いて元気になってくれると良いな、と思います。
Commented by ふぁんじに at 2005-05-14 00:44 x
あぁ私も覚悟は出来てないように思います。
できてるような顔をしているかも知れないが
いざというときはへこんでしまう自分が見えます。
そうでさまと同僚の彼女の会話を読んだだけで泣けてきました。
でも誰かにその辛い思いを話すことができれば少しは心も救われるのでしょうね。

飼い主が先に逝くことは許されないと思っています、こんな不幸はない。
だからいずれは私より先に逝くんだとの覚悟・・・必要ですね
Commented by asa_39 at 2005-05-14 14:21
>うみうしさま
亡くなった時に、自分が大丈夫であろうという覚悟は私もないです(笑)
恭兵よりも私とのつながりの強い3匹が亡くなったら
あれ以上の苦しみが、と想像しただけで、もう。
彼女が私と話したことで少しでも楽になってくれれば良いのですが。
恭兵が亡くなった時、私も周りからずいぶん助けられましたが、
中には『たかがネコでしょ?』と言った人もいます。
価値観は人それぞれですが、彼女に対して同じことを言う人が
いなければ良いな、と思っています。余計に傷つける必要はないですよね。

>ふぁんじにさま
自分の思っていることを、ただ聞いてくれる人がいるというだけで
格段に楽になりますよね。
恭兵が亡くなった時に、丁度3ヶ月ぐらい前に同じく飼い犬を亡くした
同僚がいて、同病相憐れむ、じゃないですが
語り合ったことでずいぶん楽になった記憶があります。
いつになったら完全に辛い気持ちを感じることができずに
亡くなった者を思い出せるのか、と言うのは人によって違いますが
もしかしたら一生引きずるものかもしれないです。
それよりも、私が先に死ぬことに比べれば、どれだけマシなことなのか。
後に残された子たちは、もっと辛いでしょうね。
by asa_39 | 2005-05-12 19:19 | こたひなまる3匹 | Comments(6)