人気ブログランキング |
カレンダー

それでも雛菊怒れない

c0015367_16162287.jpg


草木も眠る丑三つ時。
を、ちょっと過ぎた、午前3時。

眠りの浅い飼い主、ばたばたと何かが走る音でなんとなく覚醒する。

どうやら、リビングを雛菊と栗丸が走り回っている様子。

ああ、いつものことか…と、半分悟りを開いた境地。
その後、枕もとで眠る虎太郎の暖かさと柔らかさにやられて
再度夢の中へといざなわれる。

瞬間。

油断しきったお腹の上をジャンプ台に、何かが駆け抜けた。

げふっ。
ぐはっ。

夢の中どころか、一気に覚醒。
げふげふ言いながら、起き上がる。

そこには、『なんか、声がした。』と言った表情の雛菊が
走り去った栗丸を追おうとしたワイルドなポーズのまま
暗闇でこちらを凝視していた。

ああ…ひなたん、今私のお腹を駆け抜けようとしたのは、きみなんだね…
飼い主、ものすっごく咳き込んで、しかも痛いんだけど
暗闇ででっかくなったひなたんの瞳の可愛らしいこと…。
私は良いから、ぼっちゃんを追いかけなさい…。

と、瞳で訴えたものが通じたのかどうか、
『声がしたの、気のせい?』と、走り去って行くひなたん。

こんなに辛いのに、雛菊を怒れなかった。
へたれ飼い主。

って言うか、もしかしたら踏みつけていったのは
栗丸かもしれないしね、怒らなくて良かったよ。
でも、痛かった。
しくしく。


画像は、ベットサイドで何かを凝視する雛菊。
何を凝視しているのかは、さっぱりわかりません。
Commented by マーガレット at 2005-05-31 12:09 x
私も、朱音にジャンプ台にされました。
一番体重あるので、ほんとに「ぎゃふ」って
なって息もしばらく出来ず、踏み切って行く時
スパイク代わりに爪を出すので、傷になってしまいました。
でも怒れませんて~。「力があるね~」なんて
誉めてしまった、おばか飼い主です。
Commented by asa_39 at 2005-05-31 23:02
まああー、それは辛そうですね。一番体重が軽い雛菊でも
かなり辛かったのですが、朱音くんレベルになると…。
しかも爪を出すだなんて。
と、驚きながらも、私実家猫の果林に、顔を踏み台にされたことがあります。
10年も前ですが、やはり爪を出して飛んだため、鼻の下に
バカボンのパパのひげみたいな傷ができてしまい、1週間引きこもったことが…。
その時は怒ってしまったのですが、マーガレットさまのように
誉めてあげればよかったな、とちょっと後悔です。
by asa_39 | 2005-05-30 18:11 | 雛菊 | Comments(2)