人気ブログランキング |

雛菊を助けなきゃ!と、飼い主走る

雛菊を助けなきゃ!と、飼い主走る_c0015367_943756.jpg


みなさんご存知のように、うちには、猫が三匹おりますが女のコは雛菊ただ一匹。

そして、その雛菊は、大変びびりやさんで、
育ちのせいで人間不信になっていたせいか、なかなか飼い主たちに心を開いてくれず、
まともに触ったりできるようになったのが、家に来てから1年後。

そして、現在。
未だにびびりで繊細な雛菊ですし、女同士だもんねー、と
私が勝手に仲間意識を感じて、飼い主が雛菊を溺愛していても
これはきっと仕方の無いことだと思うのです。

抱っこ猫が大好きな飼い主が、例え雛菊が全く抱っこができない猫だとしても。
さらには、感極まると、指をがじがじ噛む猫さんだったとしても。(かなり痛い)
それでも、やはり仕方の無いことだと思うのです。

そんな雛菊、めったに鳴きません。

甘えるときに感極まって『ぶるるるぎゃー』と、小さい声で鳴くか
洗われるときなんかに恐怖を感じて『みやああああああお!みやあああお!』と、絶叫するか
虎太郎に突進されて、喧嘩上等になり『ふみゃ!ふみゃみゃみゃー!』と、鳴くか
せいぜい、この3パターンぐらいのものなのです。

後はいたって無口。

だのに、飼い主が洗面所でお風呂上りの顔のお手入れをしようとしているときに、
リビングから雛菊の鳴き声が!

『ぶにゃ!ぶるみゃみゃ!』文字にすると、こんな感じで
結構な大きさの声で、鳴いてる雛菊。

この声は、虎太郎に突進された?!
彼がリビングにいるはずなのに、どうして止めないの?!
私が守ってあげねば!ひなたん!

と、
お風呂上りは30秒以内に化粧水でパッティングルールを無視して
雛菊のためにリビングに駆け込む飼い主。

そこには、一匹で、暴れる雛菊。

ひなたん…?
何をしているの…?

『ぱたぱたで一人遊びしているうちに興奮して、鳴きはじめた。』
彼が雛菊を見ながらげらげらと笑っている。

遊びつかれた栗丸が、だいすきなおもちゃを珍しく雛菊に貸してあげたらしく
もともとぱたぱた好きの雛菊が、久しぶりの獲物にエキサイトしすぎたらしい。

顔に乾燥を感じながらたたずむ私を尻目に、ひなたんは尚もエキサイトして
ぱたぱたで1人遊びを満喫しておりました。

顔の乾燥を顧みず雛菊を助けにきたのに、私の愛、空回り。
まあ、声を聞き分けられなかった時点で既に空回ってますよね。
もっと『ひなたん語』の勉強します。



画像は、ぱたぱたで遊びつつ一息ついた雛菊。
ぱたぱたを持っているのは、やらせ画像ではありません。
そして、遠くに見えるのは栗丸ぼっちゃんの足。
この後すぐに、ぼっちゃんからぱたぱたを取り返された雛菊。
ぼっちゃんがおもちゃを貸してくれたのは、ほんの一瞬のことでございました。
by asa_39 | 2005-07-20 09:42 | 雛菊 | Comments(0)