人気ブログランキング |

雛菊危うきに近寄らず

雛菊危うきに近寄らず_c0015367_1636778.jpg


雛菊は、いつも優しい。

虎太郎栗丸を一生懸命毛づくろいしてあげて、
おもちゃや食べ物を虎太郎栗丸に譲ってあげることもしばしば。

飼い主の具合が悪くなると近くに寄り添っていてくれるし、
飼い主の手を毛づくろいしてくれる。
実際に飼い主の手には毛は生えてないので、痛い。
そして、がぶりえる雛菊は噛むので、再度痛い。

でも、優しい。


そして、雛菊は、いつも賢い。

人の気持ちを読むのが得意で、
『ダメ』と教えると、二度と同じことは繰り返さない。
生来の臆病気質なのか、それとも、野良生活で学んだ知恵なのか
危ないことには極力近づかない。

『え?なに?あぶないって、なに?』と近づく虎太郎や
『あぶないの?!うっきゃーー!!』と飛び込む栗丸とは一味も二味も違う。

とにかく、賢い。


そんな雛菊、最近の栗丸ぼっちゃんの目薬の時間には気配を消す。

雛菊自身が目の手術をして、その時の目薬がトラウマになったのか、
ぼっちゃんの、暴れっぷり&さわぎっぷりが恐ろしいのか、
知らないうちに、気配を消す。

目薬の様子をじーっと見つめて、終わるとすかさず栗丸の顔を
べろべろべろべろ舐めてあげる虎太郎とは優しさの質が違う。

もしくは、優しさよりも、賢さが勝ったのか。
昔の人も『君子危うきに近寄らず』と言っているので、
まさにそれを実践しているわけですね。
ほんっとひなたんったら、賢すぎて飼い主はでろでろですよ!


画像は、ど、アップ雛菊。
耳の中にも模様があるひなたん。
肉球もまだらだもんね。
Commented by マーガレット at 2005-08-20 20:52 x
まだらです。うちのフク美もまだらな
耳の中です。初めて捕まえた時は、あまりの「雑色」に
驚きました。
 でも、賢い。心の感じられる猫ですね。その心に
むくいてあげないと、と思っている飼い主です。
Commented by asa_39 at 2005-08-25 22:26
フクちゃんもまだらですかー。サビちゃんは、色身が読めなくておもしろいです。
最初雛菊の肉球と耳の中を見たときは、私も「雑色」っぷりに驚きました。
そう、賢い猫ちゃんほど、繊細にできているような気がします。
繊細だからこそ賢くなってしまうのか。
もっとおばかで良いのにな、と思いつつ、もっと気にかけてあげなくては、と
私も思います。

そして、レスが大変遅くなりました。
すみませんでした。
by asa_39 | 2005-08-19 18:16 | 雛菊 | Comments(2)