人気ブログランキング |

こたひなまるに新しいキャリーバッグを買いました。が。

雛菊の(とりあえず)2週間病院通いが決定したことで
飼い主たちは考えた。

今ある、キャリーバッグは2個とも布のふにゃふにゃしたヤツ。
猫を入れるのも一苦労。
頻繁に病院に通うのなら、もっとしっかりしたヤツを購入しよう!と。

で、買ってきたのが、コレ。↓
こたひなまるに新しいキャリーバッグを買いました。が。_c0015367_13424390.jpg

…。
あら?
あらら。
説明書には、8キロまで対応って書いてあったのに。
あれれれ。
はみ出てる…?


別の角度から見てみよう。
こたひなまるに新しいキャリーバッグを買いました。が。_c0015367_13435342.jpg

…。
うむ、はみ出てる。
栗丸が『こたさん、はみ出てますけどー。』とでも言っているよう。


こたひなまるに新しいキャリーバッグを買いました。が。_c0015367_1344591.jpg

ダメだしする栗丸。
と、はみ出てることに気づかずご機嫌に尻尾を振る虎太郎。


こたひなまるに新しいキャリーバッグを買いました。が。_c0015367_1346060.jpg

出てきた。
ちょっと寂しげなのは、もしや気づいてしまったせいか。


で、
虎太郎と栗丸が新しいキャリーバッグを堪能している間、
主役はナニをしていたかと言うと、遠巻きに眺めていただけ。

最終的には、恐る恐る近づいてきては見たけれど
入っちゃくれませんでした。
こたひなまるに新しいキャリーバッグを買いました。が。_c0015367_13474122.jpg

警戒しながらあたりを観察するのみ。


コレ、一度でも使っちゃうと、雛菊はバッグを出す気配のみで逃げ出すからな。
とりあえずコレは、ふにゃふにゃしないので
常に外に出して、遊ばせておくことにします。

ほ~ら、怖くないよ~。
Commented by マーガレット at 2005-09-25 16:11 x
私も、朱音を二度目に連れて行く時、キャリーバッグを変えました。そしてそのまま、まるで遊び場のように置いておきました。能天気な朱音も、変な顔してましたが、上部分ががばっと開いてそれっと閉じられる、プスティックのにしました。ひなたんが買ってもらったような立派なのじゃありませんが早く勝負できました。ひなたんが買ってもらったような立派な・・・・素敵な、8キロOKのに、こたさんは三分の二しか入らないのですね・・・。かわいい・・おおきい・・・。

 通院もストレス、なのですが、
慣れると、ふぁんじにさまのしんたくんのように、案外大丈夫になるかも、ですよ。朱音は二度通院した後、少しして
ワクチンに行ったのですが、その時、にゃあにゃあ叫ぶ
伽乃子を尻目に、「ここ、ボク知ってる!」とばかり
ゴロゴロ言いましたから。とはいえ、元々、暢気な朱音の性格によるものなので、ひなたんはどうかなあ・・・。
でも、こんな可愛いバッグを買ってもらったのだもの、ひなたんガンバレ。
Commented by ふぁんじに at 2005-09-25 19:40 x
実はですね、しんたも病院は嫌いでワクチンに連れて行くのも大変で
診察台の上では固まりウーシャーだったんです。

病気になってからは本人なりに学習したのだと思います。
ここ(病院)に来れば楽になれる、センセはチョットコワいけど
優しいオネエサンはいっぱいいるしってね。
ビビアンは1年過ぎても毎回お怒りモードですけど(苦笑)

理由はどうあれ少しでもひなたんの恐怖心が取り除かれるといいですね。
ひなたん、キャリーも病院もこわくないから頑張ろうね。

キャリーからはみ出したこたさん、とってもラヴリィ!
Commented by JAMANEKO at 2005-09-26 00:28 x
去年(?おととしかしら??)、うみうし様が大奮闘して避妊してあげた外猫のサビちゃんと、そのサビちゃん狙いの捕獲器に

    ☆むっちむち☆

に詰まっていた銀ちゃん@ボス を、なんとなく思い出しました… (^o^) 。

あの時の、侘び住まいから華麗なる城主に転身した桃姫@チンチラゴールデンお嬢? は、元気かしらん? (^-^) 。
Commented by うみうし at 2005-09-26 01:59 x
ああ、こたさん……。なぜ、なぜにはみ出してしまうのか。そして得意げに
振られる尻尾がまた素敵、です。
JAMANEKOさんが書いてらした銀ちゃんも、むっちりとはみ出してましたっけ。
おおきい猫さんは、見ているだけでほっこり気分になりまする。
こたさん、ラヴ~。

ひなたんが、どうかキャリーに慣れて、通院にもあまり緊張せずにすみますようにと
祈っております。
Commented by おはぎ at 2005-09-26 09:03 x
こたさん、ちょっとどころじゃないハミ出しっぷりが、ス・テ・キ(はぁと

2週間の通院、ひなたんも飼い主さんも大変だけど、きっと済んでみればあっという間の出来事になりますから。うん。
数値が良くなっていなかったと言っても、薬を飲んでいなかったからだから。
飲んでいたのに良くならなかった、のではないのだから、大丈夫。

今年経験したコクシジウム駆虫薬投与で分かったのですが、
体質かなんかで、絶対受け付けない薬って、あるみたいです。
同じ薬でも、大丈夫な子とダメな子もいるみたいです。
飲ませ方のせいではないですよ。
ダメな子は奥の方に流し込んでも、錠剤でも泡泡しますから。
病院で、獣医さんとAHTさんたちで飲ませても、ダメでしたから。(笑
Commented by asa_39 at 2005-09-26 17:12
>マーガレットさま
あの、プラスチックのキャリーバッグ(ケース?)、あれもなかなか良いですよね。
実家ではもっぱらアレを使用していました。絶対形がくずれないところがなんとも。
8キロOKを信じた私がおばかだったのでしょうか。
でもでも、こたさんの名誉のためにお断りしますと、こたさんは、ギリギリで
7キロ代なのです。ええ、あと、ほんのわずかですが…。
朱音くんは、良いコですね~。伽乃子ちゃんにも、得意だったのでしょうね。
お兄ちゃん、目に浮かぶようで、本当に微笑ましいです。
Commented by asa_39 at 2005-09-26 17:16
>ふぁんじにさま
なんと。しんたくんも、最初は嫌がりましたか。じゃあ、ひなたんも、
通っているうちに、先生の『お前はかわいいなあ!』とくしゃっと頭を撫でられる行為にも
慣れてごろごろ言い出すかもしれないですね。
…どうでしょう…。
雛菊がまだ家にきたばかりの頃、目の手術で1週間ほど入院したのですが
ストレスのせいか、毛がぼさぼさ(汚いわけではないです)になったのでした。
その時のことを忘れていれば、ごろごろ言うようになるかも、ですね。
本猫のためにも、ぜひとも忘れて楽しく通院できますように。
Commented by asa_39 at 2005-09-26 17:19
>JAMANEKOさま
桃姫@チンチラゴールデンお嬢、覚えてます。
たぬきのような(誉め言葉ですよ)あの、もっさもさでふっさふさの毛をたまらない気持ちで
眺めていたものでした。ああー、おおきな猫は本当にすきです。
こたさん、カリカリだけで、よくぞここまで育ったものだと感心してしまいます。
子供の時から、身体は大きかったものなあ。
生後半年行くか行かないかぐらいで、今の雛菊ぐらいあったのです。でかっ!
Commented by asa_39 at 2005-09-26 17:21
>うみうしさま
ほんとに、なぜ、なぜにはみだしてしまうのか。なぞです。
その上、この画像ではわかりにくいので書きませんでしたが、
虎太郎は、おくまで入ろうとして、ぐいぐいキャリーバッグごと部屋中を移動したのです。
キャリーバッグ戦車、虎太郎です。
結果は、もちろん入りきらず、ただ、手を伸ばして入っていたので手を伸ばさなければ
入れるかな、と夢を見ている私でございます。
Commented by asa_39 at 2005-09-26 17:25
>おはぎさま
そんな、ス・テ・キだなんて、虎太郎が大喜びいたしますよ。
2週間、本当に、終わってみればあっと言う間ですよね。
心強いお言葉、ありがとうございます。嬉しいです。
そう言えば、実家で飼っていた猫が、抗生剤か何かが身体に合わなくて
泡を噴いてぶっ倒れたことがありましたっけ…。
雛菊がそう、とは言いませんが、やっぱり猫でも合う合わないってありますよね。
とは言え、獣医さんたちと飲ませてもだめ、とは、すごい猫さんですね。
by asa_39 | 2005-09-25 13:52 | こたひなまる3匹 | Comments(10)