人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

雷鳥雛菊

c0015367_16461683.jpg

見ればわかる、触ればわかるよ、雛菊を。

と、言うわけで、うちのお嬢様雛菊は
基本的に天パ子なので、通常時から毛がもっさりしており
色も、黒が多いサビ模様なのですが
夏と冬では若干毛量と毛色が変わります。


【夏】
涼しげなベージュっぽいイメージ。
毛もクールビズよろしく省エネ使用に。
そのため、がりがりに見えることもあり
飼い主いらぬ心配をする。

【冬】
黒を基調とした、落ち着いたイメージ。
毛は、ウォームビズの見本よろしく
盛んにぐるりんぐるりんと天パ子に。
そのため、飼い主から
『ひなたん、最近肉付きがよくなったねえ。がりがりはいかん、女は肉よ』
など、いらん言葉をかけられる羽目に。


どちらも体重はほぼ変わらず一定です。

雷鳥のように、冬と夏では、著しく毛が違うので
見てるこちらは結構楽しめます。

ちなみに、虎太郎と栗丸に、見てわかる変化はありません。

虎太郎は、常にもっさり、春夏秋冬もっさり。
栗丸は、常にはげ丸、春夏秋冬はげ丸です。
鯛は腐っても鯛。みたいなお話ですか。
違いますか。


画像は、冬バージョン雛菊。
黒々としていて、もっさりしています。
by asa_39 | 2006-03-23 16:53 | 雛菊 | Comments(0)