うちのねこ


by asa_39

2005年 04月 07日 ( 1 )

c0015367_1854594.jpg


雛菊へ。


ひなたん、我が家の猫の中で紅一点のとてもすてきなお嬢さま。

そんなあなたも、4月4日をもって、3歳になりました。

一番年長だからということではなく、
多分、元々の育った環境や、生まれ持った性格から、
いつも遠慮がちで、気を使い
他の猫にも優しく、人間の言うことをよく聞く雛菊。

私は、雛菊に会って、
『猫ってこんなに聞き分けがよく、賢かったっけ?』と
驚かされるばかりです。

その反面、飼主が1泊でも家を空けると
帰宅時にびびって挙動不審になる、その繊細さ。
というか、記憶力の無さ。

あなたは一度『だめ』と教えたことは、2度とやらない
そんな賢い子ではないのですか。
1泊で忘れるなんて。

…。
と、文句を言っても仕方ありませんね。
きっと警戒心が強いのでしょうね。

でもたまには、その警戒心を解いて
飼主に思う存分抱っこをさせてくれても良いのではないですか?

いえいえ、良いのです。
抱っこがキライなのは、よーっく存じております。
ただ、しつこい性格の飼主、雛菊が抱っこ好きになるまで
【1日1度の雛菊抱っこタイム】を細々と続けさせていただきます。
いつか、10年後でも良いから、抱っこが好きになりますように。

最後にひなたん。

お誕生日、私が決めておきながら、
忘れててごめんなさい。
今日はお家に帰ったら、チャオのマグロを
温めて出させていただきますのでお許しを。

雛菊の3歳の一年間がすてきなものになりますように。
本当におめでとう!


飼主より。
[PR]
by asa_39 | 2005-04-07 18:22 | 雛菊 | Comments(4)